「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第50話 最終回

【彼らの居場所】
そこにはもう、辿り着いていたんだ

火星での闘争は終結した。三日月たちが時間稼ぎをしている間に鉄華団は地下ケーブルを辿って脱出に成功。熾烈を極めた地上での戦闘は、ジュリエッタがガンダムバルバトスを討ち取ったことで決した。

悪魔と称されるMSの首を獲ったことでジュリエッタは英雄視される。セブンスターズは構成員のいくつかを失ったことで新体制へと移行。トップにはラスタル・エリオンが就任することとなった。

ギャラルホルンが火星支部を縮小したことで、実質的に独立した形になった火星では、かつて革命の乙女と呼ばれたクーデリアが議長に任命された。時が流れ、薄れて行く記憶がある。誰しもが鉄華団という戦いに明け暮れた子供たちがいたことを忘れかけていた。

しかしクーデリアは忘れていなかった。ただ彼らに恥じないよう、生きて行くのである・・・

ふむ。この結末、ある意味では皮肉と言えます。ギャラルホルンを改革しようとしたマクギリスは反逆者として倒され、その彼が倒すべき相手として君臨していたラスタルがマクギリス亡きあとにこの改革を実現することになり、しかも英雄の座はジュリエッタに授けられたのですから。

ただまあ、物語を綺麗に締めくくるにはこのようにする他ないでしょう。そう言った意味では上手くまとまっていたように思います。ただイオクまでも殺す必要があったのかどうか。もっとも彼こそが旧態依然とした体質の体現者であるので、この後ラスタルが改革したギャラルホルンにいられては邪魔になるだけですから始末されたのでしょう。

しかしながらこのようなラスタルの心境の変化とはどこから来たのでしょうか。マクギリスとの戦いの中で現在に至る兆候を見たような気もしましたが。

ギャラルホルンの改革については、セブンスターズに欠員が出てしまったことから、自ずとそうせざるを得なかったという事情もあったでしょう。これを民主的に成し遂げたとはずいぶんな方便な気もしますが、策士たるラスタルらしく体裁を整えたと言ったところでしょうか。

果たして、この戦いに意味はあったのか。

もしかしたら、ギャラルホルンの改革と言うのは自ずと実現する方向であったかも知れない。そして火星独立の流れもまた自然に成立したかも知れない。もっともこの戦いがなければそれはもっと時間が掛かっていたでしょうが。

それではこの戦いは無駄だったと言えるのか。もちろん、そんなことはない。と言いたい。

マクギリスと鉄華団に関して言えば、結局彼らは戦いの中に身を投じることで自らのアイデンティティを確立していたと言えます。「力」を得ようとしたマクギリス、戦うことで家族としての絆を確認していた鉄華団。そこにはなんら大義がなかったこと。

クーデリアには「火星独立」という確固たる信念があったので彼らとは違うのですが、マクギリスと鉄華団に至っては、その先に何もないところへ向かって突き進んでいたという印象があるのは確か。

英雄になりたかったマクギリスは英雄になってはいけない。戦いに明け暮れる鉄華団は戦いを止めてはダメなのです。何故なら、その過程の時点こそがすでに彼らの「目的」となっていたからであります。

前へ進み続けること。これが彼らにとって大事であり、歩みを止めた時点でそれらは全て失われてしまう。だからBAELを手にしてしまったマクギリスはそこで終わっていたと言えます。目的が達成されてしまったので、それ以上進む道がないのですからね。

鉄華団が求めた自分たちの居場所。もしかしたらクーデリアの「火星独立」の言葉に当てられた幻想のようなものだったかも知れません。実は既に「鉄華団」そのものが彼らの居場所になっていたにもかからわず、しかし物理的で具体的な「場所」としてそれが欲しかったというだけだったのではないでしょうか。

三日月は最後の瞬間にそれに気が付きました。ただこれは彼だけでなく、これまで死んでいった鉄華団のメンバーみんながそうであったかも知れません。三日月のように死の間際でそれに気づく。家族のために戦って死ぬ。そのとき、自分はこのために生きていたのだと知る・・・。だとしたら決して悪い最期でもないような気がします。

体制は変わった。しかしそれまでに死んでいった者たちにはそれは分からない。これは、ひとりの反逆者とヒューマンデブリ呼ばれる子供たちが戦った、そんな歴史があったのですよ。という物語なのかも知れません。


<総評>
「大義」のないガンダム。ある意味でそれは斬新な設定であり、しかしそれでガンダムと言えるのか?という矛盾を伴うものであります。イデオロギーを描くのがガンダムだとしたら、それが見られなかったオルフェンズはどのような位置づけとなるのでしょうか。

しかしそれだから縛られてしまうこともある。イデオロギーの呪縛から解き放たれて、新しい何かを作ろうとする試み。それがまさか任侠物へ向かうとは驚きでしたが(笑)

ただ実際にイデオロギーがなかったかと言うと、必ずしもそうではない。火星独立とギャラルホルンの改革、この2本柱が本来は存在していたはずなのです。

火星独立に関しては、政治的根回しも含めてさりげなく着々と進行していた感がある。一方でマクギリスが掲げるところの改革については、彼が自尊心を満足させる方向へ向かったことから途中から形を成さなくなってしまったのですよね。

マクギリスは劣等感の塊であり、彼が抱えるトラウマやコンプレックスが結局はその行動原理となってしまった。彼の刹那的な生き方、そして無残な最期は、これはこれでドラマになっていたと思いますが、惜しむらくは彼が主人公でなかったこと(笑)

結局マクギリスがメインストリームになることはないので何かむなしいものを覚えてしまうのです。加えて彼の一連の行動が鉄華団やテイワズを中心とした任侠的な部分と噛み合っていない感じがしてとても歯がゆいものがありました。

恐らくはマクギリスこそが従来のガンダムらしい部分だったと思うのですが、それがどこか中途半端と言いますか、どうせやるなら思い切って鉄華団やテイワズの方へ振り切って、広島抗争みたいに描いて見せた方が話がまとまったかも知れません。もっともそれだと物語スケールが狭くなるわけですが(笑)

鉄華団に関しては任侠物という見方で終始一貫していたと思います。だからまあこういう世界なので、推して知るべしと言った感じでそれぞれが脳内で「忖度」すれば良いかと(行間を推し量る方向で:笑

こうしてみると何かとマクギリスについてばかり語っているような気がします(笑)別に鉄華団の存在感がなかったわけではなく、それに関しては作品設定としてのヒエラルキーが崩れていたとは思いません。

ただ語るとなるとマクギリスのことが話しやすいのです。まあそれだけ愛されるキャラであったということなのでしょう(笑)

最後までよく分からなかったのがオルガと三日月の関係。三日月がオルガに命を預ける理由。かつてオルガに救われたから。まあ分かるのだけれど、なぜそこまで?という三日月の心情がやはりよく分からない。もともと感情の分かりづらい子ですから、しょうがないところもあるでしょうけど(笑)

クーデリアの立ち位置というもの微妙なものがありました。結局これもマクギリスの話と同じで、任侠物として展開していた鉄華団と上手く絡めることが出来なかったことに尽きます。

革命の物語に刃傷沙汰を持ち込んだのが悪かったのか。裏社会の話と革命の話があまりに乖離してしまっていたことが原因か。ストーリーに一貫性がない、あるいはブレていると感じてしまったのは残念でありました。

ただこの辺り、制作サイドにまつわる様々な政治的兼ね合いがチラホラみられるので、大人の事情ってヤツで本来のストーリーになっていない可能性も無きにしも。まあそれは勝手な想像なので、いち視聴者としては実際に描かれ放送された内容を評価するだけですが。

いろいろ書きましたが個人的には嫌いではなかったのですよね。と言いますか、むしろ従来のガンダムの方が苦手な私としては、むしろオルフェンズは見やすかったと言えます(笑)

そんなわけで長い間付き合って来たオルフェンズともこれでお別れです。まあ、ここまでよく踏ん張ってくた!と言葉をかけて終わりにしたいと思います。

お疲れ様でした!


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ

2017/04/02 22:05 | アニメ感想COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

コメント

subject

コメント
オルフェンズはいもったいない部分が多かったですね
私はこの作品は「水滸伝」をやりたかったのでは?と思っています
といっても任侠伝としてでなく原典の方です
体制へ異議を申し立てるクーデリアと組んだ鉄華団は、力をつけて大きくなったけど
マクギリスと組んで権力闘争に巻き込まれたことで滅亡した流れは
原典の水滸伝で、梁山泊で反抗しているときには一大勢力になったけど
帰順して権力の一翼を担うことで滅亡していった流れに重ねてしまいました
原典でも生き残った者の大部分が市井の人として余生を送ったように
鉄華団の生き残りも、文字通り無名の人として歴史の襞にもぐりこんで生きていくのだと思います

時代のあだ花として生き、散っていった彼らを
クーデリアたちわずかな人々の記憶にその生きざまを刻みながら
というのが、制作陣のやりたいことだったのでしょうが、そこへ至る過程がなんとも雑になったのがもったいないですね

ラスタルの描き方も、掘り下げ不足が否めません
強大な力を持つ英雄という個人に依拠したマクギリスに対して
人々の営みの集積である歴史に依拠したラスタルという構図で描けば
歴史を動かす原動力をは何か、という思想をめぐる戦いになった思うのですが…

それでも、新機軸を打ち出そうとした意欲作であったことは認めようと思います
ああ、それにしてももったいない作品だ!

No:754 2017/04/07 23:37 | 小鉄 #- URL [ 編集 ]

Re: subject

>小鉄さん
私も同様に期待があっただけ余計に残念な気持ちでいっぱいです(笑)
ガンダムを革命の物語として描くことは新しい試みでありとても注目していましたからね

初代ガンダムでもジオンが独立を目指したわけですがあれは戦争になってしまった
しかしオルフェンズはあくまで自由と平和を勝ち取るための戦いであったのですよね
だから例えば試練を耐え抜いて勝利をつかむ!と言った流れになっていれば良かったのかも知れません

鉄華団をパルチザン的に描いていれば、もっと芯の通った作品になっていたとも思われますが。
途中から傭兵みたいになってしまったことでおかしな方向へ向かったような気もします

やはりクーデリアと距離を置いてしまったことが原因でしょうか(笑)
最後まで共に行動していれば義勇軍として機能したのでしょうが
雇われ兵士になった時点で「大義」が意味を成さなくなってまったように思います

ラスタルとマクギリスの関係も雑に感じました
2人がもっと対話するかあるいは戦うかしてイデオロギーをぶつけ合うようなシーンがあれば。。
だけどラスタルとマクギリスは立場が違うゆえに…ラスタルは司令官レベルなので
直接戦うことがなかったのが2人の関係性を希薄にしてしまった気がします

本当ならそこでガエリオがラスタルの代役としてマクギリスの前に立ちはだかる構図になれば良かったのでしょうが
結局ガエリオは復讐の人以上にはなれなかったこと
マクギリスとラスタルの間のインターフェースとしてガエリオを置いていれば
もっとガエリオの存在も活きて来たと思うのですが(笑)


まあ今さらこんな「たられば」で語っても仕方ないのでしょうが(笑
こうした細かい部分で構成が足りてなかったのかな?と思います

「大義」は具体的な目的があるけれど「仁義」は形がないもの
似ているようで異なるものを同時に描こうとして失敗してしまったのかも知れません

だけど泥臭くて生々しい世界観は好きだったんですよねぇ
だから個人的には嫌いになれない(笑)

オルフェンズこそがガンダム史に咲いたあだ花になってしまったのか?
いやいや!そんなことはありますまいw

No:755 2017/04/08 11:25 | ちぇっそ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking