「幼女戦記」第12話 最終回

【勝利の使い方】
勝利に酔うのではなく、勝利をいかに活用するのかが問題だ

勝利を得た帝国軍はその美酒に酔いしれていた。

その間、南方では逃げ延びた共和国軍が着々と地盤を固めていた・・・そして遂に蜂起がおこった!

デグレチャフ少尉はこの事態を恐れ、何度も警告していたのだ。

しかし聞く耳を持つことのなかった参謀本部。

戦争を終わらせるチャンス。

これを永遠に失したことに気付くにはあまりに遅すぎた。

再び燃え上がる戦火の炎。

人を恨み、神を恨み。

自らが神となりて人類に断罪を下す!

幼女の皮をかぶった化物がここに誕生した瞬間であった・・・


<総評>
なんとも不穏なラストでございました。到底決着するとは思ってはいませんでしたが、この救いのなさがむしろこの作品らしい終わり方であったと思います。

もちろん原作はまだ続いているわけで、ここで終わるべくもないわけですが。ひとつの区切りとしても実に後味が悪くて、だからこそ良いエンディングだと感じました。もちろん褒め言葉ですけどね(笑)

本作の主人公であるターニャ・デグレチャフは言いました。「人間とはいかに合理主義を掲げようとも最後には感情に流される」と。

この物語の中に見たのは「合理主義」VS「人の感情」あるいは「洗練された近代社会」VS「ノスタルジックな懐古趣味」という対立であったかも知れません。

何かひとつの任務に対して無駄なく効率よく遂行する。そこに感情など必要ない。それが完遂されることが目的であり、そのためには自らが機械のように徹する。

このように仕事を進めると、人から「冷たい」と言われることがあります。私としては純粋に「仕事」として仕事をしているだけであり、そこに自分の感情が入り込む余地などないと思っています。

理不尽な上司の命令にも従って(いるフリをして適当にいなしながらw)、ただひたすら仕事に励む。何故なら、それが自分の給与の源になっているからです。と書くと現金なヤツだと思われるでしょうが(笑)

まあそこまで厳格に仕事をやっているわけではありませんが、基本姿勢として、私はまず実務としての「仕事」を最優先させているわけです。

だけどそれだけで満足しない人、もしくは実務よりも自分のことを優先させる社員がいるのも確か。彼らは「自分が」満足しないと気が済まないのですね。例え仕事が上手く行っても、上司に叱られたらその人にとってそれは嫌な思い出でしかない。

でもな。仕事をする上でそんなのカンケーねーんだよ!(すいません。取り乱しました

思い出作りのために仕事をしているんじゃない。金を稼ぎに来ているんです。それが仕事であり、「働く」ということはその仕事をいかに効率よく回すかという努力や施策のことを指すと私は思っています。最小限の労力で最大の効果を生むことが大事ですから。

人の「感情」とは何か。それは自分を満足させるもの。つまり「エゴ」と言い換えることも出来るかも知れません。だけどそれじゃお金にならないのです。エゴで仕事が完遂できるわけではないのです!

転生前のターニャ少尉は確かに、そこが厳密に過ぎてあまりに非人道的。冷徹な合理主義者だったと言えるでしょう。だけど仕事をすると言った意味ではいたく共感しており、その意味ではとても憎めないのですよね。

「浮かれてんじゃねぇ!」「今こそ戦うときだ!」「誰も仕事がわかっちゃいねぇ!」

このように「どいつもこいつも!」という状況が(架空のドイツ方面が舞台だけにね!)、最終回でついにターニャ少尉を化物へと覚醒させてしまった気がしないでもない。そう思うと、とても同情してしまうのですわ。

作中でね、やはり最も称賛されるべきはターニャであったと思うのです。いやはや、アニメの感想まとめというよりは、個人的な愚痴になってしまった感が無きにしもですが(笑)まあご愛嬌ということで。

「信仰」とは「合理主義」とは対極にあるものと言えます。信仰心を植え付けるために自らを神と名乗る存在Xがしたことは、ターニャを古式ゆかしい時代へと送ることでした。しかしそこで芽生えたのは、神へ対する飽くなき恨みの気持ちでありました。これを単純に皮肉と言って良いものか。それではあまりに軽微に過ぎるような気がします。

ターニャに降りかかった災難。それは彼女をより意固地にさせたと言えます。彼女のこれまでを見て来た今、存在Xの理不尽さを知ったからこそ、こうなったらターニャには一生合理主義を貫いてもらいたいと願うばかりです(笑)このまま変わらなくて良いと思う。

奇抜な設定。独特の世界観を有したカルト的な作品。それを異様なまでの熱量で描いて見せたアニメでありました。正に戦場に咲いた一輪のあだ花と言ったところでしょうか。

物語はまだ途上にありますが、今はこの不穏な余韻が心地よいと感じますw

この続きがいつかまた開戦することを祈ることにします。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 幼女戦記

2017/04/01 12:17 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking