「ガヴリールドロップアウト」第12話 最終回

【ガヴリールドロップアウト!】
最強の敵(姉)降臨!

天界からガヴリールの姉ゼルエルが訪れて来た。妹の成長を見るためである。

しかしご存知の通り、人間界ですっかり堕落しきってしまったガヴリールは、自らが堕天してしまったことをごまかそうとするのであった。

ところが!

これを見抜いていた姉は、だらしない妹を更生させようと考えた。

果たしてガヴリールは人間界から連れ戻され、天界で厳しい修行に明け暮れることになるのか!?


<総評>
ガヴリールのなりふり構わぬ足掻きはほんとにみっともないだけでした(笑)

最終回らしくね、ヴィーネさんの回想でこれまでを振り返ったわけですが、ただもうガヴの犠牲になってヴィーネさんが不幸になるだけの思い出でしたねw

にしても、相当にすごんで来た姉ゼルエルですが、ガヴの「友達と別れたくない!」の言葉にすっかり感動してしまうなんて、案外ちょろいもんでしたねw

ちょろいエンジェルで「ちょれーんじぇる」なんちってw(あまり上手くないな

はい。そういうわけでガヴリール、ドロップアウトです・・・!ちがった、終了です。

ドロップアウトなんて言ったら途中で打ち切りされたみたいじゃないかw(そんなことありませんっ

今期のギャグ枠では抜群におもしろかったです。ヒロインのガヴはとにかくどうしようもない天使なのですが、どこか憎めない。

むしろ様々なしがらみにがんじがらめとなっている現代人に対してのアンチとして、ある意味で我々にとってあこがれの姿とも言えるものだったかも知れません。

あんな風にすべてを投げ打ってみたい!そんな自堕落で自暴自棄なこと、やってみたいけど将来の身の振りを考えると出来っこないのが人生というもの。

そんなどこか冷静な自分がつまらない。そんな風に感じている方も少なくないのでは?(だけどほんとにダメだな~もうかんべんだな~と思うまでは人生を棒に振ってはいけないと思うw

だからあきらめるのはまだ早い!(誰に言っている

それはともかく。

まあそんな深いメタファーなどこれっぽちもないと思うのですが(身もフタもない

毎回、馬鹿馬鹿しいギャグを連発するキャラたちがとても愛おしいなあと思ってしまったワタクシでありました。

ってか、途中からほとんどサターニャいじりに徹した感があり、ある意味で彼女がこの作品の主人公だったかも知れないと感じたほど。

まあそれくらい祀り上げておかないと、サターニャが浮かばれないという事実もありますが(死んでません

腹黒ラフィエルさんが上手くストーリーの舵取り(入れ知恵とも言う)をしてくれました。

それからメロンパン大好き犬がいっつもサターニャのメロンパンをインターセプトするところとかがお気に入りでした。

「ガヴリール数え歌」が放送された回は個人的に神回でした。

お陰で今夜もゆっくり眠れそうです。見るのは悪夢だけどなっ(どうした急に

というわけで、マジ天使!なとっても楽しい作品でございましたw


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : ガヴリールドロップアウト

2017/03/28 20:26 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking