「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第48話

【約束】
約束はフラグの始まり

ギャラルホルンの先遣部隊に包囲された鉄華団。退路はないかに思えたが、厄災戦時代の古いケーブル抗があることに気付いた。そこを掘り進んで行けばなんとか・・・。オルガは通信手段を求めてアドモス商会へ向かう。BAELに乗ったマクギリスが敵の気を引いている間に、前線突破に成功したオルガであったが。

ふむ。ここへ来てようやくマクギリスが三日月のスカウトに入りました。かねてよりマクギリスは鉄華団よりも三日月そのものに興味があるのではないかと踏んでいたわけで、いつ声をかけてもおかしくない状態にあったわけです。

しかし何故ここまで時間がかかったのか。理由としてはアグニカ・カイエルの力を得たマクギリスは、そこで初めて三日月の戦い方に感銘を覚えるに至ったことが挙げられるでしょうか。

阿頼耶識システムを搭載しMSの本来あるべき性能を引き出す戦い。それが純粋で美しいものであるとマクギリスの目には映ったようですね。正に「力」こそ全てと言わんばかりの姿がそこにあったという次第でしょうか。

力に憧れるマクギリス。ここまでくるともはや組織や階級など関係なく「自分は強い」と感じることだけに執心しているように見えます。まあ恐らくそれが真実なのでしょうが。

「バルバトスルプスレクス」

狼の王と冠せられた機体。徒党を組む狼の頂点に君臨しているのが三日月である。そんな彼にマクギリスは少し憧れを抱いたのかも知れない。しかし常に孤高であり続けるマクギリスは、どうあっても群れを成す狼の一員にはなれない男であると言えます。

これからアドモス商会へ向かうというオルガは三日月から銃を借りました。「必ず返す」と約束して。もうこの辺りからフラグがビンビンでした。蒔苗氏との連絡がつき、いよいよ地球へ向かうというそのときだったのです。

クーデリアとの出会いを思い返していたオルガ。鉄華団の最初の仕事は彼女を地球へ送り届けることでした。それは難しかったけれど成し遂げることが出来た。そのお陰で築き上げたコネクションがある。

それがいま窮地に陥った鉄華団の助けとなっている。鉄の血はこうして脈々と流れ、還元される。家族という壮大な組織となったそれには、いまや鉄華団イズムのようなものさえ感じられるようであります。

さあ、前へ進もう!未来のために!

しかしそれは儚く打ち砕かれてしまうことになった。

カチコミがありました。撃たれたのはオルガ・・・

(またこのパターンか!)

良い死に方はしないとは思ってましたが、これはあまりに無残・・・

物語の設定上、どうしても任侠っぽくなるのでしょう。気を付けるのはMSでの戦闘時よりも、日常での殴り込みの方なのかも知れない。

血生臭いものです。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ

2017/03/19 18:32 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking