「弱虫ペダル NEW GENERATION」第8話

【ゴールライン】
真波の憂鬱と黒田のプライド

箱学では「3年生追い出しファンライド」が絶賛開催中!今は山岳ステージの勝者を決める戦いが繰り広げられている。

真波と東堂の争い。しかし真波の表情には精彩がない。どうやらインターハイで敗北したことが引っ掛かっている様子なのだ!

坂道くんに負けたことは、今や真波にとって軽いトラウマにさえなっているですな。

2人が出会ったあの日、坂道くんに渡したボトル。「インターハイに出たら返す」と言った公約通り、坂道くんは真波に返したのでした。

ところが真波はそれを捨ててしまった。あのとき坂道くんをインターハイへ誘ったからこんな結果になった。どうやらそれを悔いているようであります・・・

・・・って、そこまで思い詰めるか?真波山岳よ~!?

しかし勘のいい東堂さんはこう返すのですね。

「例えこうなる結果だったとしても、お前は坂道くんを見捨てたのか?」と。

真波にそんなことは出来ない。東堂先輩にはお見通しだったというわけでございます(笑)

言ってみれば今の真波は「勝負に」そして「箱学」というネームに縛られた状態。それが本来「自由」であるはずの真波の良さを殺してしまっている。

東堂はそれを真波に気付かせ、そして解き放ってやった。箱学とか勝ち負けとか、そんなことを考えずに好きに走れ!

でないと、「女の子からの支持はオレがひとりじめすることになるぞ!」と。

これがなければ東堂さんはほんとのイケメンなんだけどな~w

勝負の方でも山岳ステージでは東堂さんに一日の長があったようで、ざんねん真波はあと一歩及ばず。やっぱりまだモテパワーが足りなかったか(いや。そこじゃないw

下りに差し掛かり、ここで前へ出たのは荒北。これを抑えるべく2年生の黒田も飛び出す。2人はサポートとしてエースをひっぱる役でもあります。

中学時代の黒田はスポーツ万能だったようですね。何をやってもエース級。それがいつしか彼を天狗にさせていたという事実。

アブー!の泉田と親友だった黒田は、共に自転車の名門である箱学へ進学することに。ところがここで先輩の荒北と出会った黒田は、そのプライドをへし折られてしまったのでした。

「エリートの匂いがする!なんでも出来るがゆえに、自転車がダメだったらバスケにでも逃げるんだろ?自分の才能はそこで発揮されるとかなんとか言ってよぉ!」

荒北の言葉は実に痛烈でありました。しかし同時に黒田の図星を突いていたという。いやだけどこれはキツイ洗礼でしたねw

しかしここで折れずに自転車を続けることにした黒田が偉かった。

なんでもできるという選択を捨て、自転車1本に絞った。そしてそこで全力を尽くす努力を重ねる。

プライドを捨てグローバルな視点を得ることで、黒田はいま誰よりも冷静に状況を見ることが出来るようになったと言えます。

とはいえ、本来の黒田は高いポテンシャルを持っていることに変わりはない。出るときは出れる。抑えるときは後方に下がる。

このように「オン」「オフ」切替という選択、それが出来るようになった黒田は誰よりも頼もしい存在になったと言えます!

だからアシストというポジションは黒田に最も適しているように思える。チームの精神的支柱として君臨してくれそうな予感がありますなw

荒北への恩返し。最初は嫌いだった先輩だけど、今では感謝の想いしかない。今の自分を形作る上で欠くことのできない最高のアドバイザーが荒北先輩だったと言えます。

「ったく!おせぇーんだよ!」

(黒田の成長がなっ)というニュアンスのこもった荒北の言葉が、実にツンデレで「らしい」捨て台詞でありました(下りでは黒田が勝ちましたw

ゴールスプリントは葦木場と金城キャプテンの一騎打ち!

「最高のアシストありがとう!」

葦木場の頭の中に「第九」が流れているということは・・・絶好調のようですw

制したのは葦木場!2年生チームが見事3年生を抑えたのでした。

こうしてみると、3年生に勝てなかった総北とは逆に、箱学は綺麗な形で世代交代が行われたような印象を受けますね。

次期の箱学は本当に強いのでしょう。一方の総北には問題が山積した状態だと言えます。

ようやく鳴子が故郷である大阪から戻って来ました。しかしその表情は暗い。

こんな総北を果たして手嶋は再編できるのか!?


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 弱虫ペダル

2017/02/28 21:34 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking