「弱虫ペダル NEW GENERATION」第7話

【最後の走行会】
オラオラオラオラオラァ!アブ!アブ!!アブー!!!

箱学で開催されるレース。それは「3年生追い出しファンライド」と呼ばれ、文字通り3年生最後となる走行会であった。

金城率いる3年生チームに、次期キャプテンとなった泉田が宣戦布告をかける!

先ず始まったのは最速スプリンター勝負。平坦な海岸線で2人のスピード狂が対決する!

新開と泉田。果たして最初にポイントを通過するのはどっちだ!?

とまあ緊張感バリバリで始まった3年生を送る会なのですが、これでも一応「親睦会」と銘打たれているわけでして(笑)

最初まったり始まるのはいつものレースのごとく。3年生はお互いをねぎらい、この3年間での出来事に想いを馳せておりました。

特に金城と新開は互いを信頼し合う親友として走って来た仲。感慨もひとしおと言った感がありますな。

一方で無鉄砲で向こう見ずな荒北はと言うと、「俺にはそんなしんみりはねぇ!」と息巻いている。

とそんな荒北に3年生が寄り集まって来て、「おまえもよくやった」「一緒に走れて嬉しかった」「おまえがいなければ・・・」などなど。

褒め殺しかっ!(笑)

みんなほんとに心から荒北さんにそんなこと思ってるのぉ~?なんてw

そんな和気あいあいとした時間も過ぎ、ここで2年生を率いる泉田が金城に物申す展開に!

「あなたは王者の名を汚した!」

インハイで2位に甘んじたことを問い詰める。それではその責任を誰が果たすのか?

「ボクがそれを背負って走ります!」

泉田の宣戦布告は自らの覚悟の言葉でもあったのです!

そして始まったスプリンター対決。野生を解き放った新開と、鍛え上げられた肉体を駆使する泉田の真っ向勝負!

箱学ではこの2人がすごく良い師弟関係を築いているのですよね。総北で言うなら巻島と小野田のように。

新開が後輩にかける強い想い。そしてどこまでもそれに応えようとする泉田の勤勉さ。

だからこそ思いに報いたい。最後は必ず先輩を抜くのだという泉田の決意には並々ならぬものを感じました。

箱学でエースということは、全国で一番早いレーサーでなければならない。

泉田にはその重責が分かっている。だからこそそれを背負いたい。そんな想いさえ垣間見るようであります。

お馴染みのアンディ、フランクに続き(念のため、泉田が自らの胸筋に付けている名前です)、今度は背筋を司る「ファビアン」まで呼び起こす・・・!

えーっと、これ。つまり泉田は極度の筋肉フェチであるわけでしてw

そして場面はなにかスピリチュアルな異次元へと誘われ、彫刻のような裸体で2輪にまたがる泉田が映し出されるに至ると・・・これはもう神話の世界!?

泉田だけですよ。このアニメで裸になるのは(笑)

本能の赴くままにペダルをこぐ野生児は新開。鋼の肉体を持つサイボーグのような泉田。全く対照的な2人の勝負の行方や!?

ポイントラインをトップで通過し、両手を上げたのは泉田でありました。これを見る限りでは、箱学は新旧交代が上手く行っているように見えましたw

泉田の走りを見て笑みを見せた新開の表情が印象的でした。

さてしかし、箱学にも問題児がひとり。どうやら真波が迷走中のようであります。インハイで負けを喫してから肩に力が入ってしまっている模様。

そう。久しぶりに登場した真波の表情が固いなと思っていました。どうやら坂道くんに負けたことがそうとうショックだったようです。

もちろん坂道くんと走ったことは楽しかったと思うのですが、それ以上に勝てなかったことに対して責任を抱いているようなのですね。

そんな真波をいささかおちょくるようにするのが2年生の黒田。インハイ出場をかけて真波とクライマー争いをした仲であります。

黒田のフォローがすごく効いていましたね。これは真波だけではなく、次期チーム全体に対して黒田はフォローを入れていたように感じます。

黒田は現在の箱学を様子を客観的に見ることが出来る唯一のメンバーであると言えるでしょうか。その冷静な目がいまの箱学には必要不可欠な気がします。

王者の座を追われ、初めてと言える挫折を経験している箱学。ともすれば精神が壊れてしまいそうなところを、黒田が的確な助言をすることによって繋ぎ留めているような。

総北の手嶋、青八木といい、箱学もまた2年生で頭角を現すメンバーが登場して来ているの点がとても楽しみです。

この作品は世代交代を上手くやっていて、3年生・・・とかくアクの強い先輩たちばかりでしたからねぇ(笑)彼らがいなくなってもインパクトを失わずに済みそうです!


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 弱虫ペダル

2017/02/21 22:00 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking