「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第43話

【たどりついた真意】
「力」に取り憑かれた男

マクギリスが招集したセブンスターズの会議。これに召集されなかったラスタルはアリアンロッド戦隊を率いてマクギリスを逆賊として成敗することを決定する。一方、マクギリスの方では着手していたある計画が成就しつつあった。かつて厄祭戦を収めた機体「BAEL」の起動。それは英雄アグニカ・カイエルが駆ったものである。

かつてどん底にいたマクギリスは誰よりも「力」を欲していた。「力」こそは真実。唯一自分を守ってくれるものだと信じたのであった・・・その最高峰としてアグニカ・カイエルがいるということなのでしょう。そしてその英雄が駆った機体「BAEL」を使えばそれを示せる。紆余曲折はあるものの、たどり着いたのがそこだったのでしょう。

マクギリスって結局そういう人なのですね。ラスタルもこの点を指摘し「大人になれない子供」と評していました。

結局マクギリスの真意はそこにあるのでしょう。革命したい理由は「ギャラルホルンがかつてと違ってしまったから」先ずアグニカ・カイエルが先にあり、その時代を再現したいのだと。

だからマクギリス自身には本当により良い形でギャラルホルンを再建すると言った目的はないのでしょう。それはただの懐古趣味。ある意味では現在のギャラルホルンよりも権威的で凝り固まった原理主義的思考であると言えますね。

これに立ちふさがったのが仮面の騎士ことガエリオでありました。遂にその正体を明かした彼。この社会を否定するマクギリス。「お前がこれらを否定するならば、私はお前を全否定してみせる」と言ったガエリオの言葉。ここへ来て初めて、ガンダム特有のイデオロギーの衝突と言った光景が見られた気がします。

ガエリオが乗る機体。それには疑似的な阿頼耶識システムが組み込まれ、肉体に負荷のかかる仕様になっているが、ここにアインの脳が移植(?)されており、負荷を軽減する仕組みだとか。

これには三日月も苦戦。しかし遂にバエルに乗ったマクギリスを前に、多勢に無勢と判断したガエリオが戦略的撤退をしたところで場が収まりました。

最強の力を手に入れたマクギリス。

「最高の力の前に全てはひれ伏すべき!」

彼が求めるは絶対的な権威であり、それを行うのは圧倒的なカリスマに他ならないと宣言。

「メキシコとの国境に壁を造る!」

なんだかどこかのトランプさんに似て来た気がするのはワタクシだけでしょうか。子供が権力を手にすると往々にしてこのようなことがおこるものです。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ

2017/02/12 20:42 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking