「弱虫ペダル NEW GENERATION」第5話

【自転車異種格闘技場!!】
ごちそうさまです!

3年生の抜けた穴。それをどうやって埋めるべきか。変わらなければならない総北自転車部。そのとき今泉は、鳴子は!?

「スプリンターを辞めろ!」

鳴子にそう提案したのは今泉でありました。

この言葉に込められた意味。それはあくまで総北自転車部のためであることは分かっているのです。

先のインターハイで見せた鳴子の走りは、ただのスプリンターを超えたオールラウンダーとしての片鱗を感じさせるものだった。

このことから今泉としては現在総北に足りない要素を補うために、鳴子にオールラウンダーへの道を指示したと言えます。

しかしとうぜん鳴子にとっては酷と言いますか、スプリンターとしての終わりを意味するわけですから、おいそれと「よっしゃわかった!」とは言えない。

ただ鳴子にも何か思うところがあるようなのですよね。本当に自分はスプリンターのままで良いのか?

鳴子がスプリンターにこだわるのは田所先輩からその座を託されたと言った経緯があるから。もちろん彼自身のプライドもある。

その折り合いがつかず苦しんでいるのが現在の鳴子の状況であると言えます。

そこで実家の大阪へ帰って自分を見つめ直したいと、そこでなにかつかむことが出来るのではないかとの算段で帰省することになりました。

地元のコース場。そこには有象無象どもが集まり、なんでもありなアルティメット・ファイトが繰り広げられているのだった!

鳴子、3本勝負の始まりです(笑)

なかなかの強豪ぞろいで、しかもどいつも個性豊かな浪花のノリで楽しいヤツらばかりでございましたw

自転車のホイールが光るヤツ。ちょっとどうかと思うけれど、思わずそれを「かっこええ!」と言ってしまう鳴子は、さすが大阪人らしい派手好きセンスの持ち主であることが伺えます(別に大阪ディスってへんでぇ

それからトラック競技専用の車両を持ち出し、正に近未来的なフォルムで挑んで来た太ももキンニ君なヤツとか。

ディスクホイールは確かに速いけど、海風があるコースだと横風吹いたら一発アウトなんだよねw

そして運命の3本目。これで勝ったらスプリンターを続ける。負けたらスプリンターを辞める。

才能があるなら辞める理由はない。鳴子はそれを証明しにこのレースに挑む決意を固めたのでした。

ところがそこに現れたのはなんと京都伏見の御堂筋くん!?なんで君がここにおるねん!

そんなノリですが、鳴子の決意は変わらない。相手が誰であろうと、勝つか負けるかそれだけが全て。

果たしてこの勝負の行方はいかに・・・

さて、総北に早くも新入生の予感がありました。おにぎりを食べながら現れた一人の中学生。鍵のかかった部室のドアをはじき飛ばすほどの怪力の持ち主。してその正体とは?

なんと杉元の弟でした!

名を杉元定時(すぎもとさだとき)と言い、お兄ちゃんである杉元を「照ちゃん!」と呼ぶ、元気で純朴そうな巨漢であります。そして坂道くんの大ファンであるそうな。

ちょっとね、お兄ちゃんと体格が違い過ぎるのであらぬ疑いを抱いてしまうのですけど(もしかして違うお母さんなんじゃ?とか

この作品にそんな昼ドラ的な展開はないでしょうが(笑)さっそく「おにぎりくん」のあだ名を頂戴する辺り、なかなか愛嬌のある少年であります。

バランスの難しい3本ローラーにいとも簡単に乗ってしまうなど、才能の片鱗を見せるのですが。

ただ今泉が厳しい(苦笑;

ただの偶然かも?とか。ただその予感は的中し、実際にコースに出てみたところ、おにぎりくんの走りは使い物にならなかったと判明。

しかしそれはお兄ちゃんである杉元の走りを真似ていたからで、フォームがめちゃくちゃだったのですね。

この事実、裏を返せば教えに忠実であるということ。加えて飲み込みが早いという。

さっそく今泉が「坂道の真似をして走れ」と言ったところ、たちまちこれをマスター。瞬く間に速くなったのですね。

ただ経験も体力もまだまだなので、ほんの一瞬でコースアウトしてしまいましたがw

というわけで、ちょっとおもしろい存在が登場して来ました。

まあ、おにぎりくんが実際にメンバーに加わるにはあと1年待たなければならないのでしょうが、田所先輩に代わるスプリンターとして期待が持てそうな逸材かも知れませんね。

食べ物に対する想いが強いらしい、おにぎりくんは「ありがとうございます」の代わりに「ごちそうさまです!」と言ってしまうのですね。

うん。よくあるよね。私も昔いた会社で電話に出ると「ごちそうさまです!」という社員がいたのを覚えています。

だけど本当は「お世話さまです!」と言っていて、ただカツゼツが悪いために「ごちそうさまです!」聞こえてしまうという。

え?ウソでしょですって?

いやいやいや!これほんとの話で、私もベテラン社員から聞いて初めて「お世話さまです」と聞こえるようになったのですから。

だけど疲れてたりして、集中力がないときにはまた「ごちそうさまです!」と聞こえてしまうという。

きっと、おにぎりくんもほんとは「お世話さまです!」と言っているのかも知れませんよ。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 弱虫ペダル

2017/02/08 21:29 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking