「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第42話

【落とし前】
徹底的に潰す

ジャスレイ一派に殴り込みをかけた鉄華団。戦況は一方的だった。修理が完了したガンダム・バルバトスは敵モビルスーツを次々となぎ倒して行く。堪らずヒューマンデブリを投入するジャスレイだがそれも焼け石に水。頼みの綱であるイオク・クジャンは未だ来ず。劣性を覆すことなく、ジャスレイは宇宙の藻屑と消える。

実にあっけない最期でした。テイワズの頭であるマクマードは既にジャスレイの思惑をお見通し。イオク・クジャンは使用禁止兵器持ち出しの件で足止めを喰らっている。鉄華団とに「手打ち」を申し入れるが、オルガを始めとする彼らがこれを許すわけがない。

「潰せ」の一言で三日月がジャスレイの乗る船のコックピットを撃破。死ぬ間際に「指の10本でも20本でも詰めるから!」と命乞いまでする始末。見苦しいと言えばそれまでなのですが。

ただこのジャスレイ。なかなか動きを見せないと思ったら、いざ行動に出た途端、そのやり口はエグイのなんの。そして小物らしくみじめに散ってゆくさまは正に極道そのもの。実にやくざ者らしい人間で嫌いにはなれないところがあります。

さてこれでテイワズには戻れなくなった鉄華団。マクギリスとの契約に心血を注ぐことになりそう。そのマクギリスは遂にギャラルホルンの現体制批判を行い、ここに革命を宣言しました。ラスタルとクジャンの不正についても言及し、本格的な改革へと着手する模様であります。

その流れの中で変態仮面・・・もとい。ヴィダールは心を決めたようです。やはりマクギリスと対決するつもりなのでしょう。現体制に反旗を翻したマクギリスの行動は、ヴィダールにとっては良い口実となりましょう。

復讐の人となったヴィダール。彼こそがこのガンダムにおける「シャア」的存在と言えます。しかしその行動そのものが情勢に大きな影響を与えていたシャアのカリスマ性に比べると、ヴィダールのそれはまだまだ迫力不足と言った感が否めない。ただヴィダールの不気味さがおもしろい要素となっているのは確かであります。

鉄華団がテイワズを離れたという報を聞いたクーデリア嬢。自分と鉄華団との距離がどんどん離れて行っていることを実感する。ただ考えようによっては、今回のマクギリスの行動によって世間はより一層革命の機運が高まったと言えます。

同じく火星の革命を目指すクーデリア嬢としては、この機に乗じて一気呵成に!と言った方向へ向かえば、あるいは再び鉄華団合いまみえることが出来るかも知れない。そんな淡い期待を無責任に提唱してみたりして。

「鉄華団には私の大事な人がいる」

クーデリア嬢が指しているのは当然、三日月であります。先週など、アトラちゃんに向かって「オレの子供作ってみる?」と言っていた三日月。今となってはクーデリア嬢はだいぶ先を越されたと言っていいでしょう。うかうかしてられませんね!


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ

2017/02/05 18:28 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking