「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第41話

【人として当たり前の】
名瀬が遺したもの

解散したタービンズはマクマードが引き取ることになった。そんな中、アジーからラフタに提案があった。「あんたは鉄華団に残りなよ」ラフタの昭弘への想いを知っていたからである。しかし結局、ラフタが選んだのはタービンズであった。それは名瀬が遺してくれた自分の居場所であるから。

というわけで、昭弘ザンネンと言った感じの今回でした。

かつて不当な扱いを受けてラフタは名瀬によって救われた。彼女はタービンズで人としての幸せを見つけ、そしてそれは自分が自分でいられる場所となっていった。これは昭弘も同じで、鉄華団での暮らしが彼にとっては、自分のアイデンティティそのものになっているということ。

人というのは時として「場所」そのものがアイデンティティとなることがある。生まれ故郷であったり、人生の転機となった土地であったり。2人にとってはそれぞれタービンズと鉄華団がそれに当たるというお話。

そう言った意味では、名瀬やオルガが与えたものがとても大きなものだったと実感できる気がします。そんな名瀬にとってはテイワズであったと言えるかも知れない。しかし盃を返した途端にあのような悲劇に見舞われるとは。運命とはかくもシビアだと言わざるを得ません。

さて、今回の件を企てたジャスレイ・ドミノコルスが更なる手段を講じることに。名瀬をやられたことで鉄華団がケンカを吹っかけてくると踏んだところ、意外やおとなしくしていることに業を煮やしたことによる。

どうやら組ごと乗っ取るつもりらしいジャスレイは、親父もひっくるめた大喧嘩がしたい様子。今度は鉄華団を追っ払い、親父を排斥してその座に居座ろうという魂胆なのでしょう。

その為にはまず鉄華団に動いてもらわなければならない。

ショッピングモールに響く数発の銃声。そこに倒れていたのはラフタでありました。

ジャスレイの手の者になるであろう暗殺。鉄華団と縁もゆかりも深いラフタが殺害されたことで、鉄華団は動かざるを得なくなる。それは組織とか自分たちの後先など関係なく、「男として」やらなければならないけじめである。

「女は太陽だ」

女を守る。男として意地を貫くその精神もまた、名瀬が遺してくれたものなのであります。

ああ、ラフタ。なんてことに・・・


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ

2017/02/04 18:49 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking