「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第40話

【燃ゆる太陽に照らされて】
義に生き。愛に生きる

禁止兵器の所持の罪を着せられた名瀬。イオク・クジャン率いるギャラルホルンの艦隊がこれに迫る。援護に向かいたいオルガだが、そうすれば鉄華団まで汚名を着せられてしまう。打つ手なしの状況でシノと昭弘がある提案をする。

タービンズを解散することにした名瀬。女たちを避難させることにした彼の意図とは、自分が犠牲になってみんなを逃がそうということであるのは明白でありました。親父に「最後のわがまま」と言った時点で、名瀬の中に覚悟があったことは確かでありましょう。

これに最後まで付き合ったのはアミダでした。惚れた女の弱みと言いますか、だらしない男の面倒を見るため。いずれにせよ、他の誰よりも深く結びついてる2人は正に一心同体。と言える。例え立場が逆であったとしても、互いの危機に際して同じ行動をしていたことでしょう。

「女は太陽でなくちゃいかん」

輝くため、最期の命の炎を燃やすために、アミダは名瀬の前を行くのでありました。そして名瀬もまた・・・

結局、名瀬はこうなってしまう運命だったのですね。やくざ者の最期というのは往々にしてこのような結末が多い。正に任侠。赴く先は、どこもかしこも死地という次第であります。

今回の件に際し、限り使用禁止に近い兵器を持ち出し、タービンズから出された停戦信号を無視し、名瀬の降伏を伝える通信もぶっちぎって攻撃を仕掛けたイオクのやり方について。

さすがにギャラルホルンの内部からも波紋を呼びそうなものですが、たかが海賊風情だし、そもそも組織自体が「そういう体制」なので問題にはされないのでしょう。ただ禁止兵器の使用に関しては、上司(?)であるラスタルからきついおしおきくらいはありそうですが。

マクギリスとしては名瀬が討伐されたこと自体に関しては問題にしていないと思いますが、イオクへの評価はこれで更に下げることなったかと思います。

マクギリスはこうしたギャラルホルンの古い体質を忌み嫌い、新たに再編したいと考えているのでしょうが、特に民間組織に歩み寄るでもなく、七星勲章にこだわっているところからすると、結局また栄誉に固執した別の形の同じような組織にしかならないような気がするのですがどうでしょうか。

さて、タービンズの援護に向かったのはシノと昭弘でした。「民間人を救出するというていで」行けば問題ない!という理屈だそうで(笑)

駆け付けたシノたちを向かえるタービンズ。昭弘に「あとでぎゅ~ってしてやる!」と言ったラフタが「女子」でしたね(笑)ただ昭弘は首を絞められると思ったらしい。ラフタの代わりに私が絞めてやりましょうか、このリア充めっ(二次元に嫉妬しない


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ

2017/01/22 18:07 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking