「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第39話

【助言】
タレコミ

鉄華団の成り上がりが気に食わないテイワズの幹部、ジャスレイから、セブンスターズのイオクへタレコミがあった。鉄華団の後援となっている名瀬が使用禁止兵器を用いたと。これで名瀬率いるタービンズが一斉捜索を受けることになった。この事態に「兄弟」として力を貸そうとするオルガだったが。

これまで「鉄華団のやろう」と言いながらなかなか動く気配のなかったジャスレイが遂に行動を開始したというお話。やり方としてはかなり陰険と言えます。直接、鉄華団を攻めるのではなく、先ずはその兄貴分である名瀬を狙うとは。

このことの意味は鉄華団に対する見せしめなのでしょう。まあこうした組織にあっては、あえて公に事件を起こしてその「当事者にだけ分かる」ような報道をさせ、相手にメッセージを伝えるなんてことがよくあるものです。

「あの西新宿で事件起こしたのはアイツらか」と。火のないところに煙は立たぬ。分かる人には分かるものなのです(笑)

今回の件に際して、タービンズ結成までの経緯が紹介されることに。最初は一匹狼の運び屋だった名瀬が傭兵だったアミダに依頼をし、そのアミダが懇意にしていた女だけの輸送団を丸ごと引き取り巨大な組織へと発展させていったと。更に後ろ盾を得るためテイワズの傘下に入ることになったこと。

これはオルガが鉄華団として成り上がって来た経緯と似たものがあります。だから名瀬はあそこまでオルガに肩入れしてくる。組織として、それ以上に「家族」としてどうあるべきか。名瀬は彼なりにオルガにその正しい道を諭そうとしてきたのだと、今なら分かります。

その名瀬も今や内輪揉めのターゲットとされてしまった。果たしてオルガへかけた情がこのような形で戻ってきたのか?

そうではない。これは名瀬が選んだ道。かつて彼がタービンズという家族に救われたのなら、今度は兄弟としてオルガが立ち上がるときなのかも知れない。名瀬の生き方を否定しないためには、救えるのはやはりオルガしかいないような気がします。

そしてまた家族を増やそうとしている人物がいる。以前、クーデリア嬢に「(三日月の)赤ちゃん作ってください!」と言ったアトラちゃんです。

これは身を引く?という意味かと思ったのですが、どうやらそうではないらしいです。今回、アトラちゃんもまた三日月の赤ちゃんを産む、あるい産みたい!とその本音を暴露しました。

ただしクーデリア嬢から略奪愛をするというものでもなく、どちらか産める方が産みましょうよ!という協定ともとれる発言。

「2人で三日月の赤ちゃん作ろうね!」

うん。これは三日月が大変そう。2人も相手にしてたら身体もたないよね。よし。今から精子バンクに登録しておこうか!(こらこら


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ

2017/01/15 18:56 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking