「ガヴリールドロップアウト」第1話

【もう戻れないと知ったあの日 】
「あくま」で天使です

かつて「神童」と呼ばれた天使(もともと神の子なのに神童とはこれいかに)ガブリールは、立派な天使となるべく人間界で修行に励んだ・・・でも、いちばん励んだのはネトゲだった。

これは堕ちた天使の物語。堕天使で汚天使(掃除できない

果たして彼女に人は救うことができるか。もっとも既にネトゲの世界では「天使」と崇められているが(だからそれがダメだと言っている

天使で悪魔。それとも悪魔のような天使!?

あなたはこの惨劇を直視できるかっ!?

というわけで始まりました。電撃コミックが原作。

清廉潔白な天界よりも、世俗にまみれた地上の方が楽しかった。なんて話はよくあるわけで、これはそんなお話。優等生が堕ちてゆく様子を描いたなんとも悲しくて切なくて、それでいて救いのない物語なのです(いいとこひとつもなし!

ただどうやら人間界で修行しているのは天使だけではないらしい。悪魔も呉越同舟しており、そんな彼らの交流がコミカルに描かれたギャグとなっているのです。

逆にね、悪魔の方が人間味があって憎めなかったり、むしろ堕ちた天使よりも断然いいヤツだったりする。そのギャップが非常におもしろい。

それと同時に、やはり「人が堕落する」さまを見ているのはなんとも言えぬ優越感があるというもの。本作のヒロインであるガブリールがどこまで堕ちてしまうのか、そこら辺を楽しむ向きもあるかと・・・いや。どう見積もっても彼女はいくらなんでヒドイなw

元は4コマのノリでしょうか。小気味よいテンポでとても良い感触ですw


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : ガヴリールドロップアウト

2017/01/10 20:43 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking