「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス(第2期)」第13話

【穢れなき世界】
わては浪花のあきんどでっせ!

ロゼと旅路を共にすることとなったスレイ。道中で発生した取引。だけどきな臭い雰囲気が漂って来て・・・相手が持ち掛けて来たもの。それは盗品だったのですね。スレイが心配するも、腕っぷしにも自信のあるロゼ。襲われたときにもまったく心配いりませんでしたとさ(笑)

というわけで始まりました第二期。単純に前シリーズからの続きとなっております。

「導師」として世界の穢れを払うと誓ったスレイ。目下、彼の望みはドラゴンとなった者を元に戻せるかということ。ドラゴンは穢れ堕ちした人間の成れの果てなのです。

そんな高い志しを持ちながらも、常に自然体でいるスレイはどこか浮世離れしていると言えますが、とてもキュートで憎めないヤツであることは確か。

ロゼの根拠地とする地元でも、スレイの人柄はみんなを引き寄せる魅力があるようです。ロゼの旧知であり、商人で探検家のおっさんも彼に興味を持ったようです。

導師としての修行を続けながら、各地で様々な人たちと出会い、そしてスレイ自身の人柄によって人脈を作り上げてゆく。そんな場面が描かれた第二期にスタートでした。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : テイルズオブゼスティリアザクロス

2017/01/09 01:07 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking