「ユーリ!!! on ICE」第11話

【超超がんばらんば!!グランプリファイナルSP】
グランプリファイナルの魔物!

遂に始まったグランプリファイナル!

4回転を6度飛ぶジャン・ジャック・ルロワに対抗するのには、4回転フリップを飛ぶしかない!勝生勇利が選んだ道はどこまでも自分に挑戦することだった!

が、しかし。回転は足りていたものの着地で手をついてしまった。ノーミスとは行かななった試技に悔しさをにじませる勇利。ただ彼の滑りを見守るヴィクトルには、何か思うところがある様子・・・

これまで自分で道を切り開いて来たヴィクトルですが、今は勇利を通してスケートの醍醐味を満喫している様子があります。

自分が育てた選手が成長する姿。そこに喜びを見ているとでもいうのでしょうか。

ということはすっかり監督業が身に染みちゃった!?まるで隠居生活のシミュレーションをしているいるみたいじゃないかぁ~!?
いやいやいや!そんなことはありますまい!

特にユリ男が滑っていたときなど、そのスケーティングに釘付けとなり勇利の声などまるで届かないほど凝視していたヴィクトルの心境にあったのはどんな感情だったのか?

新たに誕生しつつあるロシア皇帝の息吹を固唾を飲んで見守っていたと言いますか、そこにあったのはむしろ焦り!?あるいは再び自分がリンクに立ったとき、最大のライバルとして君臨するであろう強敵の出現に武者震いを起こしていたのか・・・

ちょっと気になる話ではあるのですが、その真意は本人以外知るところではないようでして。

さて、演技に戻ると現在リンクに立っているのはタイのピチット・チュラノン。バックグラウンドがないからこそ奔放にできる。タイの新たな歴史を作ることに萌えるピチットちゃんは、溌剌とした演技で会場を注目を一身に浴びておりましたw

しかし、彼にかかるプレッシャーは本人ですら自覚できないほど大きかったようで、ノーミスで演技したあと、思わず男泣きしてしまったのでした。もう、好き!(ぇ?おい!?

そしてユリ男が登場。先ほど述べた通り、彼の滑りをヴィクトルはかぶりつきで見ていました。勇利としてはこれに複雑な心境を抱かずにはいられなかったと。

ヴィクトルの持つ記録を抜いて世界最高得点で首位に躍り出たユリ男です。

続いてはスイスのクリストフ・ジャコメッティ!ヴィクトルがいたことで無冠の帝王の名をほしいままにしている彼。

しかし実力は充分!この大会を特別なものにしてやる!誰よりも勝ちたい気持ちは負けないと言ったところでしょうか。

ユリ男が「ダバイ!」と叫ぶと、リンクにはカザフスタンのオタベック・アルティンが立っておりました。

持つ者と持たざる者。その格差を実感し、それならば持つ者にない何かを持ってやろうと切磋琢磨して来たのがオタベックであります。

奏でられるは「サマルカンド序曲」ウズベキスタンの古都の名を冠した調べに乗せて、迷いのないコンビネーションジャンプが舞う!

そのエキゾチックなスケーティングはヴィクトルをも魅了し、コサックらしい身体能力を活かしたバネで完成度の高いジャンプを量産して行く・・・

ユリ男には及ばないものの、オタベックもまた自己最高得点でもって暫定2位を確保したのでした。

そしてショートプログラム最終走者は「JJ」ことジャン・ジャック・ルロワ!・・・ところが!?

「ファイナルの魔物」に飲まれたJJはまったく自分の演技が出来ず。コンビネーションがシングルに、4回転がシングルに・・・

うわぁ!もう見てらんない・・・!!!

「去年の自分を見ているようだ」

勇利はそう感じたようです。でもそれは勝つために挑戦しているからこそ。その心意気を誰も笑うことは出来ない!

落ち込むJJ。そのとき客席から湧きおこった「JJコール」

そう!JJは負けても観客の心をつかむスケーターなのだ!キングのカリスマは本人が作るのではない。彼を支持するファンによって確立されるものなのである!

JJ、復活ですw

その晩、勇利はヴィクトルにある告白をします(プロポーズではない

「このファイナルで終わりにしよう」

2人の関係にピリオドを打つと言い出した勇利。その胸中にあったのは何か。

ヴィクトルを自分に縛り付けているのがもう無理だと思ったのかも知れない。それはユリ男が滑っていたとき、まるで羨望の眼差しでそれを眺めていたヴィクトルを見て感じ取ったのかも知れません。

ヴィクトルはリンクに戻りたがっている!?

勇利にはきっとそれが分かったのでしょう。恐らくは・・・

明日のフリーが終わったとき、そこで終止符が打たれるのか。それとも新たなスタートが切って落とされることになるのか。

それはヴィクトルだけが知っているw


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : ユーリ!!!onICE

2016/12/15 23:26 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking