「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第36話

【穢れた翼】
戦争でも始まるんですかい?

目覚めた300年前の亡霊。モビルアーマー。天使を模して造られたというそれは、どこまでも無慈悲に人とモビルスーツを蹂躙し尽くすだけの殺戮兵器であった。

正直なところ私はそこまでガンダムに詳しくないのでモビルアーマーの仕様など知らなかったのですが、本体が強力なのはもちろん、「プルーマ」という子機を抱え、自己修復と生産を繰り返しながら延々と攻め続けることができるようです。補足すると、本体がプルーマを生産し、戦闘によって損傷した本体をプルーマが修復するという仕組みになっているそう。

マクギリスによるとこれが300年前の厄祭戦の根源であり、これを打ち破ったかつての英雄が「七星勲章」を得たということだそうです。非常事態でありながら、しかしマクギリス本人はこの状況を楽しんでいる様子がある。自分も七星勲章を得たい。そんな楽しみを見つけたようです。

にしても!今回はまったく酷いあり様でしたね。このモビルアーマーを目覚めさせた張本人であるイオク・クジャンのバカさ加減にほとほと愛想が付きそうでありました。自分の暴走により部下を犠牲にし、モビルアーマーを打ち倒そうと防衛線を張った鉄華団の思惑をよそに「かたき討ち」とばかり横槍を入れてこれをご破算にする。

もう「バカバカバカ!」って感じでした。おぼっちゃま育ちで世間知らず。自分が世界の中心で生きている貴族の典型と言った趣きがあります。ただまあここまで場を荒らしたイオクはある意味、今回の主役でしたね。イオク・オンステージでした(笑)イオク!!! on MARS!(ユーリ!!! on ICE か

バカが横行したせいで今回は随分とアホなストーリーになったと言えますが、これが厄祭戦へと繋がってくるのでしょう。つまりこれは300年前の再現であると。この話をやることによってかつての英雄とマクギリスがリンクしてくると言えます。英雄になりギャラルホルンを改革する・・・いやむしろ一からギャラルホルンを作り直すつもりでいるマクギリスとしては、かつての英雄の行動をなぞって行きたいのだと思います。

今回の話の中でひとつ三日月さんから気になる発言が聞かれました。三日月さんには「鳥」のように見えたモビルアーマー。これを指して「きれいだ」と言ったこと。実際には天使を模して造られたという造形ですが、もしかしたら三日月さんはそんなモビルアーマーの本質を見抜いて無意識に「きれい」と言ったのかも知れない。

もっとも三日月さんにそこまでの情緒があるとは思えませんが(失敬!)でも三日月さんが「きれい」と言うこと自体珍しいわけで、それなりに美的センスはあるのかも知れません(笑)それはともかく。

どこまでも純粋に殺戮を求めるその姿こそが、三日月さんには美しく見えたのだとしたら・・・

例えばそれは「機械のように生きたい」とか。三日月さんにはそのような願望があるのかも知れませんね。それは彼の心の闇を示しているのか、それともそこにこそ三日月さんにとっての安住があると言うのでしょうか。

三日月さんにの将来が不安でなりません。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ

2016/12/11 18:49 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking