「魔法少女育成計画」第10話

【乱入バトル確変中!】
不死身のアリスが不思議の国で見るのは天国か地獄か?

驚異的な再生能力を持ち、あのカラミティ・メアリですら倒せなかった魔法少女がハードゴア・アリスであります。しかしそれを倒す手段を見つけたと言ったのは双子の天使の片割れユナエルでありました。果たしてそれはどのような方法だったのでしょうか?

文字通り不死身の肉体を持つのがハードゴア・アリスだとすれば、身体が液状化し、どんな攻撃も通用しないのがスイムスイムであります。どちらも倒すのが困難と言った意味では似た者同士であり、この戦いは長く続くものかと思われましたが、その決着は案外あっけなくついてしまいました。

魔法少女のときに無敵なら、生身のときに襲っちゃえばいい。そう。能力を発揮するのが魔法少女のときだけであるなら・・・もうお分かりですね。ユナエルは自らの変身能力を使ってハードゴア・アリス愛用のぬいぐるみに化けました。それをユナエルと気付かず家まで持って帰ったことでハードゴア・アリスは顏バレしてしまうことになったと。

これと似たような話をどこかで見た気がします。「ソードアートオンライン」でもリアルで殺人が行われたのを覚えています。それはどういった理由であったかは忘れましたが、いずれにせよ、顏バレでによってリアルが危険にさらされたと言った意味では状況は似ていると言えるでしょう。

抗争はあくまで魔法少女であるときだけ。ハードゴア・アリスがそう考えていたのならスイムスイムが取った作戦は盲点であったと言えます。ただこれ、倫理的あるいはルールとして限りなく邪道なのではないかと思うのが人情。

しかしスイムスイムにはそう言った感覚がないのでしょうね。ルール無用と言いますか、そもそもルールという観念がない。「魔法少女同士だから」という暗黙の了解は彼女にはないのかも知れません。

極めて実務的と言えばそうなのですが、果たしてスイムスイムにはそうした「分かっているけどそこはあえて」と言った確信犯的なところも見られない。ただ倒せればいいという無差別なところがある。

そう考えるならば、誰が最強か戦って示したいとするクラムベリーの方が目的がある分、健全な気がします。

スイムスイムが目指すのは「ルーラ超え」であり、しかしそのルーラ亡きあと、対象とする相手が実在しない状態である。「ルーラならどうする」ルーラを理想化し「彼女ならこうするはず」と、それは今やスイムスイムの勝手な想像によってしか成り立っていないのですね。このようにどこまでも自己完結しているのがスイムスイムだと言えます。そこが怖いのです。

さてクラムベリーとファヴだぽん!がまた何やら画策している様子。ファヴによるところの「ゲームの主催者」たるクラムベリー。彼女の口からは、このゲームは「選抜試験」だという発言が聞かれました。

それに関してはあらかじめ予想はしていましたが、問題はそれが何の選抜かというところ。「弱者を拝し、強者を選別する」果たしてゲームの主催者が求めるものとは一体どのようなものなのでしょうか。

さてそのクラムベリーを呼び出したのがスイムスイム。このところの彼女の暗躍に興味を持っていたクラムベリーとしては、これは待望のご対面だと言えましょうか。

戦略を練ってこれに挑むスイムスイムですが、早速ユナエルがクラムベリーの手に堕ちることに。クラムベリーの方が一枚上手だということでしょうか。

余裕を見せるクラムベリーですが、一筋縄ではいかないスイムスイムのこと、この戦いがそう簡単に終わるとは思えないものがあります。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 魔法少女育成計画

2016/12/07 23:45 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking