「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第35話

【目覚めし厄祭】
初任給、何に使う?

「こんなにもらっていいんスか!?」初めて支給された給料におどろく新人鉄華団員たち。「命を懸けて働いているのだから、それ相応の報酬は保証するというのが団長の意向よ」と言ったのはメリビットさんでした。

好色なシノに連れられて歓楽街へ向かう者あり、田舎に仕送りする者も・・・たぶんいたはず(笑)

しかしその一方でクーデリアに給料を管理してもらう三日月のような団員もいる。彼のように戦いに明け暮れてきた者たちはお金の使い方を知らないのです。

こうしてみると、ある種のお仕事アニメとしての側面が見えてきた気がしないでもない(笑)ただとても普通のお仕事とは言えないので、そこら辺は特殊な意味合いがあるでしょうけれどねw

そんな三日月らを不憫に思ったのはクーデリア嬢のところで補佐をしているおばちゃんでした。その豊満な肉体が示すようにとても包容力ありそうな女性ですね!

その頃、ここ最近台頭してきた鉄華団を良く思わない者たちが様々画策しておりました。同じテイワズ傘下のジャスレイ・ドミノコルスであります。名瀬の手引きを受けてのし上がってきたオルガ。それはそのままテイワズ代表であるマクマードの評価につながっている。ジャスレイにしてみれば「気に食わない」という次第。

「あいつらだけがギャラルホルンにコネがあるわけじゃない」

と意味深な言葉を残し、マクギリスと鉄華団との間に交わされた契約をリークしに掛かる。それはどんなものだったのか。

火星のプラントで発見された謎の機体。これは以前より話題にのぼっていたものですが(まああえて私のブログでは触れていませんでしたが)、マクギリスへの情報提供によりこれが厄災戦以前の「モビルアーマー」であることが分かると・・・

モビルアーマー。懐かしいですね。ファーストガンダムに親しんだ私らの世代からすれば、それはビザロでありザクレロであり、はたまたビグザムや、ララァが乗ったエルメスなんかも挙げられるでしょう。

それはモビルスーツとも、当然モビルワーカーとも違う。パイロットを必要としない、自立して戦う最強の機械兵士であるのです!

対モビルスーツに対して絶大な対抗手段であるモビルアーマー。そんな危険なものが発掘されたとあっては一大事とばかり、連絡を受けるやすぐさま火星へと飛んだマクギリス。しかしジャスレイはこの情報をリークしていたのですね!

セブンスターのひとつであるクジャン家の当主、イオクがここに立ちはだかることになる。プラントの視察に来たマクギリス一行、足元にはモビルアーマーが埋まっている。これを目覚めさせてはいけないと、マクギリスが制止するのを構わずイオクが距離を詰めると・・・

眠れる獅子を呼び起こすとは正にこのこと。未知の機体。目覚めたモビルアーマーは一体どれほどの脅威となって迫るのでしょうか。

テイワズの内紛とギャラルホルン内での軋轢とが火星で激突する!?

「七星勲章」

かつてモビルアーマーを打ち倒した英雄に与えられた武勲がそれ。マクギリスが欲しているのはその栄光、あの時代に吹いていたであろう「風」であります。

ギャラルホルンを再編したいと願うマクギリスとしては、過去に遡ってその歴史からやり直したいとする気持ちがあるのかも知れませんね。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ

2016/12/04 18:38 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking