「響け!ユーフォニアム2」第9話

【ひびけ!ユーフォニアム】
お・・・、おまえに聞いて欲しいことがあるっ

アスカ先輩に「勉強会」をしようと誘われた黄前久美子。これがただの勉強会でないことは明らか。アスカ先輩の家庭問題を目の当たりにしたいま、そこで一体なにが語られるのか。おっかなびっくりアスカ先輩の家へ向かう黄前久美子であります・・・

アスカ先輩の家庭問題は両親の離婚に端を発したものでありました。恐らくお母さんとしては女手一つで娘を育てるに当たって並々ならぬものがあったのでしょう。家族の理想を描いたお母さん。だけどそこには「吹奏楽」の文字はなかったということ。

これがアスカ先輩の悲劇だったといえます、ひとつめのね。

ここには更に離別した父親が元ユーフォ奏者であったという問題が絡んでくる。だからこそお母さんも余計に反発があったのだろうし・・・

ところがその別れたお父さんからユーフォニアムが送られてきたことでアスカ先輩が吹奏楽を始めるきっかけになったのだから、お母さんとしては神経逆なでされる出来事であったと言えるかも知れない(笑)

「成績が下がったら吹奏楽を辞める」

お母さんとそう約束したアスカ先輩。だから人一倍努力した。周りのメンバーなんてただの遊びでやってるようにしか見えない。アスカ先輩が全国へ行きたい気持ちがひときわ強かったのは、そこにいけばお父さんに会えるからでもあったというお話。審査員だったのだ。

自分の私利私欲のため。エゴむき出しで吹奏楽をやっていたアスカ先輩だからこそ、これまであんな風に残酷な態度を取ってきたのでしょう。しかしそれは正しかったのか。

「バチが当たったんだ」

そう言ったアスカ先輩は今では自分のしてきたことに対してジレンマを覚えているようです。そしてそこで「黄前久美子」が出てくる!

「話を聞いて欲しかった。ユーフォらしい黄前ちゃんにw」

それは顔がか?それとも体型が?それは問わないことにしましょう(フォローになってない)自分はユーフォらしくないと言ったアスカ先輩は、その自分にないものを黄前久美子の中に見たということでしょうか。

オーケストラにおけるユーフォの役割について私は知りませんが、低音を担うことから恐らく音楽の骨子を構成する影の立役者的な。それでいてもっと低い低音の楽器とソロ楽器との調和を取り持つようなそんな音色であると、私には聞こえます。

他人の問題に首を突っ込み、ずけずけと人のテリトリーに入ってくるのだけれど、不思議とそれが嫌味じゃない。だけど時にズバッと本音を切り出して、しかもそれが図星だから反論できない。黄前久美子の言葉によって自分と向き合わざるを得なくなってしまう。

そう言った意味ではとても厳しい存在と言えますが、それが不協和音にならないのが黄前久美子の持ち味なのかも知れません。だとすると確かにユーフォらしいと言えるかもw

物事の本質を見抜き、忌憚ない発言をすることができる。それを言われた本人はキツイのだけれど、だからこそ信頼がおけるのが黄前久美子である。今回の話はそんなところへ繋がった気がします。

まさかアスカ先輩まで救うとは。黄前久美子の腕前は大したものですな。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 響け!ユーフォニアム

2016/12/02 10:30 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking