「ユーリ!!! on ICE」第7話

【グランプリシリーズ開幕!やっチャイナ中国大会!フリープログラム】
ユーリ・オン。。ガラスの心臓w

ショートプログラム1位通過の勇利。
ところが追われる立場に馴れない勇利はプレッシャーでボロボロ。

いやいやいや!そうは言ってもやっぱり主人公ですからw挽回するよね?してくれるよねっ!ねぇっ!?

あ。

ヴィクトルが最後に引導渡しちゃったよ!?

だ、ダメだこの主人公。これどうしたらいいかわかんないヤツ(苦笑

たまにいるよね。人間ってこんな風になるんだ?こんな落ち込んだ人間見たことない!ってなるヤツがっ

勇利が正にそれだったと(笑)

ピチットちゃんがタイの伝説を創ろうと奮闘すれば、スイスのクリスは氷を溶かさんばかりのエロスでもって氷上でイク!

中国のジ・グァンホンは初々しい演技で・・・この子、かわいいな!(まあ落ち着け

ロシアの ギオルギー・ポポーヴィッチはフリーになっても濃い!ひたすら濃い!正に恋敗れた男!その情念は元カノをドン引きさせるほど濃厚だったとさ!

各選手が健闘した滑りを見せる中、ショートプログラムで主役となった勇利はそれに反比例するかのように怯えている図が展開していたのでした。

「壊れかけているなら、いっそ壊してみようか」

ヴィクトルの・・・これは遊び心も少しあったかも知れない。「勇利が負けたら責任取ってコーチ辞める」と言ったのですね。

そうしたら本当に壊れて泣き出してしまった勇利(笑)

泣~かした泣~かした♪かあ~ちゃんに言ってやろw

ほんとにね、ひどいロシア人だよヴィクトルは!

しかしそこで見せた勇利の反応は意外なものでありました。

「コーチなら信じてよ!ボクよりボクが勝つって信じてよ!」と。

何も言わなくていい。そばにいてくれるだけでいいと言った勇利。これもう告白じゃないですか!(まあそう思うわな

今の勇利に必要だったのは慰めでも責め立てられることでもない。ただ「愛」が欲しかった!たぶん、そうだったのだと思います。

一度泣いたせいか、不思議とリラックス出来た勇利はなかなか健闘した滑りを見せました。

本邦初公開となる新曲「ユーリオンアイス」の調べに乗せて滑りだす勇利。始めはゆっくりと次第に加速度を上げて行く・・・

ノーミスとはいかなかったものの、ジャンプのひとつひとつ、そしてコーチであるヴィクトルのことを思いながら滑る余裕があった。

「最後のジャンプ、4回転サルコーにしたら驚いてくれるかな」

それはヴィクトルの得意技であります。結局、氷に手をついてしまったものの回りきっていたようには見えた。

この挑戦に心動かされたヴィクトルは、滑り終えた勇利を抱きしめに向かったのでした(笑)

まるでキスでもしに行く勢いがありましたが、あれってほんとに唇くっついてなかったか!?

ま、まあ。ロシア人ですから、男同士でキスをするのは当たり前ですからね!いやほんとですよ!ロシアでは男同志でも唇を重ねてキスの挨拶をするんです。それも「ぶっちゅ~!」ってくらい熱いヤツを!(古いロシア映画で見ることができます

見慣れてますからね、私なんかは。ほんとにね、ほんっとに・・・もう!ドキドキしたぁっ(胸高鳴ってんじゃんかよ

ショートと合わせて2位で中国大会を終えた勇利。この試合で経験したミスは確実に前へ進む糧となるものだったと思います。

そして今までの勇利には見られなかった、試合の中で難易度の高い技へ挑戦しようとする姿勢。勇利の成長に確実な手応えが感じられた大会でありました!

次のロシア大会が楽しみ!ヴィクトルの故郷で勇利はどのような演技を見せるのか。

そしてこの中国大会を中継で見ていたユリ男のやきもちw

ロシアより愛を込めて・・・ではなく、ロシアより嫉妬を込めて見つめていたユリ男がツンデレ過ぎて実にかわいかったですねw


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : ユーリ!!!onICE

2016/11/17 22:58 | アニメ感想COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

コメント

subject

あのシーンはてっきりキスしちゃってたと思ってましたよw
今回は本音をぶつけ成長するユーリと
そんな彼を見てコーチとして成長するヴィクトルも描かれて
この二人の関係性こそがこの作品のテーマなんだと
改めて感じましたね
EDの浜辺でキャッキャウフフする二人を
本編でも見てみたいと思っちゃいましたw

No:750 2016/11/22 22:45 | 小鉄 #- URL [ 編集 ]

Re: subject

あら!小鉄さんいらっしゃいませw
ネトラジではいつもどうもです♪
今夜は仕事が忙しく参加できませんでした(涙;
そう!あれってホントはどうだったんでしょうかね?
唇が重なったように見えたのですがw
たしかに!勇利とヴィクトルの関係こそが物語の原動力となっているのを感じます
正統派な師弟関係もよし!キャッキャウフフするもよし!
1粒で2度美味しい作品だと実感しておりますw

No:751 2016/11/23 02:45 | ちぇっそ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking