「響け!ユーフォニアム2」第6話

【あめふりコンダクター】
家族の光景

見事、全国行きを決めた北宇治高校。そんな喜びに浸る中、黄前久美子の家でトラブルが発生する。

お姉ちゃんの麻美子が大学を辞めると言い出したのです。理由は分からない。だけど吹奏楽を続けている妹に対して「そんなの止めて勉強しなさい」と言い続けていた本人がなぜ?

言ってることとやってることが違う!口論になるのは当然であります。

まあなんとなく雰囲気からですが麻美子は直情型のような気がします。おおかた恋愛問題でもこじらせてしまったのではないのでしょうか?というのは邪推でしたかね(笑)

なんにせよ、にわかに勃発した家庭問題は穏やかではありませんな。

姉とケンカして家に居づらくなった黄前久美子は嵐の中、散歩に出ました。そこで花屋で買い物をしている滝先生と遭遇。なんでも今日は「大事な日」なんだそうな。

家まで送ってもらうことになった黄前久美子。車の中に飾ってあった写真に気付きました。そこには滝先生の亡くなった奥さんの姿が写っていたのでした。

このことは橋本先生から聞いていたこと。実際に目の当たりにして、滝先生本人に訊かずにはおれなかった黄前久美子がいました。彼女のこの神経の太さでもって物語が進んで行くのです!(そう言わないでw

滝先生は、自分と同じく吹奏楽部の顧問だった父のことを話しだしました。全国で金が取れなかった。次こそは取らせてあげたい。それが父がずっと言っていたこと。

そしていま、今度それを自分が実現してみせると決意している滝先生。父との軋轢。しかしそこには家族として、何か切っても切れない絆というか、因果のようなものがあるように思われます。

父のためではない、あくまで自分のために、自分の生徒たちに最も輝かしい栄誉を与えてやりたい。この想いはしかし、やっぱり家族のため、家族にしてやれなかったことを代わりに叶えてやりたいとする願いが込められているような気がします。

吹奏楽部に金を取らせることで初めて過去の出来事を乗り越えられると、滝先生はそう思っているのかも知れません。これから吹奏楽部が残すであろう成果は、滝先生自身の救いに繋がるとも言えましょうか。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 響け!ユーフォニアム

2016/11/10 22:04 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking