「亜人」第18話

【クロちゃん、お願い】
女の武器

佐藤の猛襲が続く。残す殺害リストはあとひとり。戸崎の上司となる大臣だけである。可及の事態を受け密談が催される。佐藤はそこを狙ってくるはずだ。スケジュールをリークしようと画策する戸崎だが。

そんな折、アメリカ国防省から来た監察官に聴取を受けることになった戸崎。オグラ博士殺害の件で疑われているのだ。この追及を戸崎は回避できるのか。

さて佐藤を迎え撃つべく、永井圭たちの訓練は実地に入りました。ゴム弾を使用したものでしたが、当たれば激痛。IBMを盾にしながらの突進というのが亜人としての永井圭の役目。そして敵の佐藤を担当したのが中野攻。最後、永井圭に撃たれて昏倒してました。彼ってこんな役目が多いですな(笑)

ダグラスとカーリー。これが国防省から来た役人であります。ヒエラルキーとしてはダグラスが上司でカーリーが部下という図式。戸崎を訊問していた時点で、この2人のやり取りにはどこか理不尽なものを覚えていたのですが・・・。

大臣のスケジュールをリークするため、下村泉を大臣秘書に近づかせた戸崎。そこで下村にIBMを使って秘書のPCからデータを盗みだす作戦を決行させる。この場面、USBがデータを読み込んでいる間、秘書に気付かれないよう時間稼ぎする泉ちゃんがグッジョブでした。

秘書が気づきそうになったとき、咄嗟に「その腕時計、素敵ですね」と話題を振りました。そうしたらなんと、雑務を押し付けられてイライラしていた秘書が「そうなのよぉ」と食い付いて来たのですわ。泉ちゃんは女の子らしい機転だったし、それに対して仕事とプライベートは別と考えている典型的なOLと言った雰囲気のある秘書とのやり取りがとても面白い場面でありました。

ただ泉ちゃんに向かって「あなたもしかして戸崎さんと付き合ってるの?趣味悪いわよ」と言ってきた秘書。それは余計なお世話ってヤツですよね。泉ちゃんにそんな気持ちがあるのかどうか・・・なんかほのかな想いは抱いてそうですが。今それを突っ込むのは野暮ってもんですね(笑)

無事データを回収して戻ってきた泉ちゃんは、そこで戸崎が国防省の2人に連行される場面に遭遇。国防省の役人は麻酔を使って強硬手段に出たようです。当然これを阻止しようと泉ちゃんが迫って行くと・・・

なんとカーリーがIBMを出したのですね!彼女もまた亜人であったということ。そしてそれを「弱み」として握られ、上司であるダグラスが彼女を酷使しているという構図。これは戸崎と下村泉との関係と同じと言えます。

ただ戸崎の方がまだ人間味があると言いましょうか、あるいは容赦のないダグラスに比べたら甘ちゃんと言いますか。IBMの立場は日本とアメリカでまた若干趣きが違っていると言いますか、そのアメリカの影響で日本も同様の対応を行っていると言った事情があるのかも。

泉ちゃんの奮闘むなしく戸崎は連れ去られました。どうやら大臣が密談を交わすのは今夜であるらしい。瀕死の泉ちゃんは永井圭たちに連絡を入れることができるのでしょうか。もし密談のスケジュールを伝えることが出来なければ、佐藤の殺害予告が全て実現してしまう。

佐藤の強行によって亜人に対する世間の風当たりが強くなっている。しかしこれは聖戦である。ここに集まったものたち自分らを守るために立ち上がった仲間である。そう信じて侵攻を進める亜人の姿がそこにあったのでした。

今回はしかし、泉ちゃんと大臣秘書、そしてアメリカ国防省から来たカーリーという役人。女性陣の活躍が目立った回でありました。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 亜人

2016/11/06 06:54 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking