「ユーリ!!! on ICE」第5話

【顏まっ赤!!初戦だヨ!中四国九州選手権大会】
勇利、カミングアウト!?

中四国九州選手権大会が開幕!しかし勇利は集中し過ぎるあまり周りが見えてない!?

一方で回りが見え過ぎちゃってるヴィクトルはコーチとして初のお披露目となるので正装したら主役より目立っちゃって・・・w

「コーチが選手を送り出すときのアレ、どうしようかw」

と勇利に質問するヴィクトルがまるで遠足に来た幼稚園児みたいだぞ!ってか、やっぱ送り出すときは「お出かけのチュー」じゃないのか!?(そこで色めき立つなってw

ただやっぱり真面目な勇利はここで緊張してしまっているのですよね。目指す場所が高いから、気合いが空回って表情が硬くなってしまっているのだ!

そんな勇利を後ろから抱きしめるヴィクトル・・・

まあ、この作品はとかくこのような濡れ場(まだ濡れてない)・・・もとい。大きなお姉さま方が喜びそうなシチュエーションを演出することが多いのですが、そのような先輩方よりも私の盛り上がっていることをお忘れなく!(そこかっ

先ずはショートプログラム。気持ちがはやってしまいジャンプが雑になってしまったものの(そこはヴィクトルに怒られた)、華麗なステップと演技構成、そして色気のあるスケーティングで観客を魅了することが出来たのでしたw

そんな勇利くんに憧れを抱くのが、南健次郎きゅんであります!彼は過去、勇利と対決しているそうですが、当の勇利はそれを覚えてない(涙;

だけど崇拝に近い憧れを持つ健次郎きゅんはどこまでも勇利の実力を信じているのですね。

この健次郎きゅんがどこまでもカワイイ!もう無邪気って言うんですかね。どこまでも曇りなく、まるで太陽の香りが漂って来そうなショタなのです!(ショタ言うなって

復活を宣言するかの演技で初日をトップで終えた勇利。翌日のフリーに挑むわけですが、試技の前、勇利を応援しようとした健次郎きゅんを邪険に扱ってしまうのですね。

それを見たヴィクトルが一喝。「他人のモチベーションを上げられないヤツが、自分のモチベーションを上げられるのか」って。

この言葉が意味するもの。そりゃあ世界のトップを走り続けて来たヴィクトルなら余裕があって、他人に気を遣うヒマもあるでしょう。でも自分にはそれがない・・・

いや。そういうヒマを作るのは地位とか実力とかじゃない!自分の「気持ちの問題」なんじゃないのかい!

考えを改めた勇利は健次郎きゅんに大声でエールを送りました!

その甲斐あって初めての4回転成功!やっぱり若いってすごい!本番で100パーセント以上出しちゃうんだよなぁ!

いま想えば、なにかこう勇利の心の持ちようが変わって行く瞬間がここに描かれていたような気がしますw

そしてフリーの順番が回ってくる。これまでになく集中している勇利。でもそこにいるのは自分に凝り固まった勇利じゃない!

この日のために用意した「YURI ON ICE」のテーマが流れる。

ジャンプのレベルを落とし、確実な演技で手堅くまとめよ。ヴィクトルの指示を無視し立て続けに4回転に挑む勇利。全て成功したわけじゃない。だけど観客の心つかむ演技になっていた・・・

「頑固なヤツ。誰に似たんだっけな」

そういうヴィクトルが「はっ」と気づく。あ、オレかw(そうですっ

ロシア人特有の頑固さ。先ずは自分が思ったことをとことんやってみて、とにかく納得するまで続ける頑なさにあると言って良いでしょう。

ときにそれは「甲斐性がない」と称されることもあるでしょう(笑)だけど「やらなきゃ」なにも実現できないのも事実。

それは師匠の教えではありましたが、もしヴィクトルが教えなくとも、もともと勇利に備わっていた気質のような気がするのですけどね(笑)

リンクから戻った勇利を抱きしめるかと思ったらスルーしたヴィクトル。途中、4回転失敗で壁に激突した勇利。鼻血まみれの顏でスーツが染みになるのを避けたわけですなw(そういう正直なところがまたロシア人らしいw

今回の勇利の演技は確かに気持ちが先走ったものだったかも知れない。だけどそれが今まで彼に足りていなかったものであったのも確か。

何のために滑るのか。誰のために飛ぶのか。それはコーチであるヴィクトルのためであり、自分と共にある地元のためでもある。
それが自分の気持ち、スケートに賭ける想い!

そう。今回、勇利は初めて「自分を表現するため」にリンクに上がったと言えるでしょう。

みんなにちゃんと伝えるためのスケーティング。それはもう勝ち負けを越えた、ただ楽しいフィギュアだったと言えます(笑)

そして記者会見。優勝した勇利が今後の抱負を語りました。

「今年のボクのテーマは『愛』です」

直江兼続かっ!というツッコミはともかく。

家族への愛を語る勇利。地元への愛を語る勇利。ヴィクトルへの愛を語る勇利。自分はひとりじゃない。みんなと共に戦っているんです。

その気持ちに本当は言葉なんてないのだけれど、あえて「愛」と呼ぼう!

これぞ勝生勇利の集大成と言った決意表明がそこにはありました。ただ回想されていた場面がヴィクトルの入浴シーンだったのがいろいろ誤解を招くぞ!と思ったのは否めませんが(笑)

というわけで!これ・・・公のホモ発言だったんじゃないかと思ったのは果たしてワタクシだけだったでしょうか。

現在ロシアに帰国中、この記事を見たユリ男がヤキモチを焼くのは致し方ないですな(笑)そんなツンデレのショタロシア人がまたカワイイのですけど!(だ~か~らっ

次は中国大会。しかしそこにはタイ出身のピチット・チュラノンであります!

勇利とはかつて同じリンクメイトであった間柄でありますが、試合となれば強敵となり得る。

ただこの子もカワイイ!(えぇ!?

伝統的に東南アジアにはカワイイ男子が多いのですよね(えーっと、そういうツアーにでも行ったことあんのか?

年上のヴィクトルとの絡みも良いけど、勇利と同世代との絡みも見てみたいものです(だから違うよっ!?


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : ユーリ!!!onICE

2016/11/03 22:04 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking