「装神少女まとい」第5話

【特別な普通】
きりんさんも好きだけど、きつねさんとたぬきさんも好きですっw

「監視」という目的ではありますが、まといさんと寝食を共にすることになったクラルス・トニトルスさんですっ

自らの生まれとか、その宿命だとかに囚われ、本当は美しくて可愛らしくて純情なのに、それに気づかずひとつの目的だけに生きてしまう女の子がいるものです。

それがクラルスであり、今回はそんな彼女を原宿へ誘いだし、女の子としての喜びを享受させるお話が展開。

まったく、まといさんってばグッジョブだぜぃ!

ストイックなだけのクラルスさんが、少しばかし角が取れて丸くなったことで、彼女本来の美貌が前面に出て来たというお話。

こういった風に堅物キャラが隙を見せる展開はいつ見ても萌えるものですw

クラルスさんも女の子らしく甘いものが好きだったりして・・・なんかほっとしましたw

それと合わせて、高次元体をほっする草薙まゆが、実はもともとそれを宿していたことがわかったというお話が展開。

幼少期に神憑り?あるいは文字通り「狐憑き」となったまゆは、これは師匠でしょうかお父さんでしょうか、神事の力によって封印されていたという事実が明らかとなりました。

退魔少女を夢見るまゆ。しかし年配者の判断でそれは危険と判断されたのでしょうね。それはつまり、幼い子供が発動するにはあ
まりに強大で危険な力を秘めた神であるという証拠なのかも知れません。

まゆの持つポテンシャルと言ったものが、今後の情勢に影響を与えるという暗示でしょうか。

まゆの純粋な気持ちに、心打たれた回でありました。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 装神少女まとい

2016/11/02 22:55 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking