「響け!ユーフォニアム2」第4話

【めざめるオーボエ】
その音色は、友達のために

遂に傘木希美が鎧塚みぞれに接触!希美が苦手なみぞれは思わずその場から逃げ出してしまう。黄前久美子の恐れていたことが現実のものとなった瞬間でありました・・・

理科室辺りですかね。教室の隅で縮こまっていたみぞれを発見した黄前久美子は、大胆にも本人に事情を尋ねたのでした。みぞれは「希美」の名前を聞いただけで気分が悪くなるほどなのに。なんて怖いもの知らずなんだろう・・・それはともかく!

去年、吹奏楽部で大量退部が起こった事件。このときみぞれは希美から何も聞かされてなかったというのが真相のようです。部を辞めることに関して希美から相談がなかった。これは自分が仲間はずれにされているのではないか?と思い込んだから。

みぞれの中には「親友に裏切られた」という思いが強いことが分かります。それは裏を返せば、それだけ希美のことを想っていたからでもあります。吹奏楽部に入ったのも希美のお陰。引っ込み思案なみぞれは親友の誘いがなければ自分から行動を起こすことが出来なかったのですね。

それこそ、みぞれにとって希美が全てであり、それが突然失われてしまう状況に直面し、一体どうすれば良いのか大いに戸惑ったことが予想されます。本当なら早い段階で希美と話をしていれば良かったのでしょうが、もしそれで拒絶されたら耐えられない。

みぞれは自分を守るために、これまで頑なに希美との接触を避けていたことが伺えます。

一方、希美としては一生懸命なみぞれを見て、一緒に退部しようなんて言えないと考えていたようです。実はみぞれのことを思って退部を誘わなかったというのが真相でありました。

どうやらみぞれだけでなく、親友への思いを強く感じていたのは希美も一緒だったということ。しかしそれが些細なすれ違いで大きな溝へと発展してしまったのが、この話のオチでありました。

2人が思いを語り合う場面、第二期が始まってから最初のクライマックスであったと言えましょう。いやもう親友同士の涙、初々しい乙女たちの美しい光景がここにありました。

だけど救われたのはこの2人だけはありませんでした。みぞれを心配していた中学からの同級生である吉川優子もまた、みぞれへの想いをぶちまけ、友達は希美だけじゃない、自分もそうなんだよとみぞれに打ち明けました。

この場面も非常に感情の高まるシーンでありました。そう。みぞれと希美の確執と言いますか、この問題にかかずらう全ての生徒がこれまでの苦しい状況から解放されたと言えるでしょう。

演奏をするのは親友のため、これまで感情を押し殺していたみぞれの音色が変わったのは、親友との絆を取り戻したためでありました。

さて、このように一見円満解決したかに見えた問題に対し、あすか先輩の不敵な態度が不穏なものをもたらしておりました。みぞれのこれまでの態度を指して「打算的」と。

この発言についてはいささか理解に苦しむところではありますが、もとよりあすか先輩は以前からこうした物言いをすることが多い。しかし一方では「全国へ行きたい」とまっとうなことを言ってみたり。

あすか先輩の真意は未だ掴むことが出来ませんが、ただ何か漠然とした「絶望感」に苛まれているような気配が感じられるのです。それが何なのか。根底には相当根深い問題が潜んでいそうで怖い気がします。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 響け!ユーフォニアム

2016/10/27 21:18 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking