「響け!ユーフォニアム2」第2話

【とまどいフルート】
終了のお知らせですっ

吹奏楽部に戻りたいと思っている傘木希美。そのためにはアスカ先輩にOKをもらわなければと思っている。だけどアスカ先輩は頑なに望みの復帰を拒んでいるのだった。

この傘木希美こそ、去年の大量退部の口火を切った生徒なのですよね。先輩との衝突。真面目にコンクールを目指したい希美と、適当にやりたいだけの先輩たちとの間に広がる溝。それに耐えかねてのことでありました。

ただ今となっては浅はかだったと思えなくもない。気付いたときには後の祭り。いわゆる若気の至りであったわけです。ただこれはほんとしょうがない。こういうことってある!

一緒にステージに立てなくてもいい。せめて先輩のお手伝いがしたいと思う希美を、何故アスカ先輩は突き放すのでしょうか。大事な関西大会を前に部員に動揺を与えたくないという気持ちもわかる。

だけど!

やっぱりどうしても納得のいかない黄前久美子は、私が聞いてみる!と約束してしまうのですね。

そもそもがアスカ先輩は何を考えているのか思考が読み取りづらい人であります。聞いたところで答えてくれるのか、答えたとしても本当のことを言ってくれるのか。それさえ定かではないと言えます。

まあこればかりは動向を見守るしかないわけですけどね。

そしてその希美と同じ中学だったという鎧塚みぞれもまた、このような状況に際して複雑な心境を抱いている様子。もっとも彼女の場合、もともと感情を表すタイプではないので、どこまで気にしているか判然としない部分はありますがw

「コンクールが嫌い」と言った鎧塚みぞれ。結局、審査員の好みで優劣が決まるものじゃないかという、その気持ちは充分分かります。そもそも音楽って競争するものじゃない。そう言った気持ちは理解できますし、私もかつてそう思っておりました。

人を好きになるのに理由がないように、どんな音楽を好きになるかに理由なんていらない。気に入られなかったらそれでよし。そりゃそうなのです。好き嫌いを強要することなんてできない。それは当然のことであります。

ただ全く興味のない人を振り向かせる、そんな楽しみは実際にあるものです(笑)逆境を覆すような有無を言わさぬ演奏というもが確かにある。そこを目指して音楽を続けるというのは、決して傲慢でもよこしまでもない気がするのですがいかがでしょう。

まあそれはともかく。恋愛もまた強要されるものでもないし、誰と誰が好き同士で付き合うのことになるのか?それもまた各人の自由であると言えます。

合宿が始まりました。滝先生の紹介で、木管楽器の指導を担当することになった新山先生が紹介されました。とても美人。そして滝先生とはのっぴきならない仲であることが伺えるような、そんなアイコンタクト的なコミュニケーションすら見せている・・・

滝先生ラヴ!な高坂麗奈がもう涙目・・・いや。既に目が死んでいる状態に(笑)ご愁傷様でした。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 響け!ユーフォニアム

2016/10/14 00:19 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking