「魔法少女育成計画」第2話

【マジカルキャンディーを集めよう!】
この不思議生き物は白か黒か?さあどっち!?

ファヴだぽんw

ヒロインを魔法少女に誘ったのはこの白黒の不思議な生き物でした。オタマジャクシのようなツートンカラーの妖精?これが何であるかはよくわからないけれど、とりあえず「マスコットキャラクター」という設定でモヤっとした位置づけとなっております。

そのファヴから重大発表が!

「魔法少女が増えすぎたから半分に減らす」と。そう、これが私が伝え聞いていたこの作品の本筋となる部分。どうやら土地に依存するらしい魔力、それが16人もいては枯渇してしまう。そこで週に一人消えてもらうというのです。

方法は、人助けをしてマジカルキャンディーを集めること。一番数の少なかった者が脱落するというサバイバルゲームであります。

やあ、これは少し安心しました。てっきり殺し合いでも始まるかと思ったからです。不思議な動物が持ち掛けてくる話ってたいていロクでもないものが多いですから(オレ調べ)、例えば宝石のような物が黒ずんで最後は化け物になる、みたいな話は避けたいなと思っていたところ。

まあそんな具合にして脱落者を決める方法が定まったところで、今回はそれぞれの魔法少女たちの紹介的な意味もあるエピソードが展開しました。

おせっかいキャラのトップスピードがいたり、ツンデレのリップルがいたり。ちなみにこの2人はコンビです。そしてお局的な存在である怖いお姉さん・・・もとい。大人っぽいけど永遠の17才的キャラのカラミティ・メアリ。

このように少しずつですが、魔法少女たちの関係性が分かって来た感があります。

そしてスノーホワイトが深夜のチャットルームで出会ったのが、ねむりん。彼女は夜しか活動していないという。そうなると彼女のリアルの生活が気になるのが人情。

そう。魔法少女たちにも日常がある。もしかしたらそれが魔法少女の能力やら性質に関係があるかも知れないということは予想がつくところではないでしょうか。

案の定、ねむりんはニートでした。活動するのは人の夢の中であります。そんな彼女もまたマジカルキャンディー集めに奔走しますが、活動するのは夢の中なのでリアルには反映されない。

1週間後、結果発表のときがやってくる。最下位はねむりんでした。

ファヴによってあっけなく削除されましたが、現実に戻ったねむりんはこれを期にニートを辞め、まっとうな生活を歩むと誓うのですね。でもまだ変身できなくまでにはもう少し時間がある。魔法少女としての最後を楽しむべく変身した彼女でしたが・・・

・・・なんだこれ。

朝、ねむりんを起こしにしたお母さんが見たものとは?

リアルなお母さんの反応に背筋が凍る思いでした。バトルとかで・・・っていうのじゃないのが、こ、怖すぎる。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 魔法少女育成計画

2016/10/11 22:57 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking