「亜人」第14話

【なんかめんどくさくなってきた】
第二ウェーブへ移行する

亜人の第二期がスタートしました!

とまあいきなりここで謝罪なのですが、ワタクシ、第一期のあとの劇場版を観ておりません。あれってどんなお話が展開したのでしょう。アニメとは違うシナリオだったのか、それとも。

ただこの第二期の1話を見る限り、第一期の終わりから普通に繋がっているようです。となると劇場版の1部、2部は第一期をなぞったストーリーだったということでしょうかね。

さて第二期、早速大きな動きがありました。日本を支配し、亜人にとって住みよい世界を創造すると言った佐藤を止めるべく、永井圭と中野功が一路その本拠地へ向かうわけですが、このままでは勝ち目がない。そこで協力者を煽ることを考案しました。

その相手が驚きの戸崎優であったこと。奇しくも自分を執拗に追いかけまわしていた公安の人間。何故自ら捕まりに行くような真似を永井が取ったのか。

なんと興信所に依頼して戸崎の身元を調査。事故で植物状態にある恋人の存在を突き止めた永井が、これをダシに戸崎に取り入ろうという算段だったのですね。なんて卑劣な!と思うところですが、これが永井の本質。もっとも効率の良い方法で解決しようするのが彼のやり方であり、実はここには全く悪意がないと言って良いのですね。まあそれだけにタチが悪いと言えますが(苦笑

結局、戸崎はこの要求に応じることになったわけですが、亜人を根絶したいと思っている風に見える彼ではありますが、実のところ、今はそれよりも佐藤個人に対する執着が勝って来ているように見えるのですよね。

つまり、本来は「対亜人」として任務に就いていた戸崎が、あるとき佐藤に出し抜かれたことによって「集団としての亜人」から、「亜人である佐藤本人」に宗旨替えした向きが感じられます。

だからこそ「亜人である永井」がここに付け入ることが出来たと言えます。「亜人だけど、佐藤を倒す目的で共闘しよう」という主張が受け入れられた・・・いや、もはや戸崎にとって度重なる失敗を挽回する術はこれしかなかったと言えましょう。

既に戸崎には下村泉という亜人が部下として就いています。彼女は戸崎が障壁となることで社会的立場を守ってもらっている。つまり戸崎の命令には無条件で従うしかない状況であります。

ところが今回、戸崎の「兵隊」として就くことになった永井と中野は弱冠立場を異にしている。この3人の亜人でどのように佐藤へ立ち向かってゆくのか、それとも内部分裂でも起こしてしまうのか、その動向には注意を払う必要があると思います。

その頃、佐藤が再び犯行予告をしてきた。

「第二ウェーブへ移行する」

関係者らの暗殺をほのめかす動画が公開されたのですね。そしてそれが嘘ではないということを示すパフォーマンスなのか。早速ひとり目の犠牲者を出して見せました。

佐藤の狂気。ここへ来てますます拍車がかかってまいりました!


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 亜人

2016/10/08 14:45 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking