「響け!ユーフォニアム2」第1話

【まなつのファンファーレ】
ダ・カーポして響け!

はい!ユーフォニアムの第二期です!

京都府大会で金賞を受賞した北宇治高校が関西大会へ進出!

そんな輝かしい場面から始まったわけですが、実はワタクシ劇場版を観ておりません。この辺り、そこで描かれたエピソードの続きだったのでしょうか。

こんな喜ばしい場面があったかと思った次の瞬間、例の大量退部事件で辞めて行った部員のひとりが部に戻りたいと乗り込んでくる。しかしそれを副部長であるあすか先輩が拒否する・・・

と言った不穏な場面が展開。かと思ったら、黄前久美子と高坂麗奈が連れだって花火大会へ行くと言った、うれしはずかしなデート回となったり(女の子同士ですけどねw

上がったり下がったりした第一話目であったなぁというのが率直な印象でした。

もっとも、このようにポジティブとネガティブが同居するのがユーフォニアムの特徴でもあるわけで、むしろ「らしい」作風に変わりなしと言ったところで安心感があるのも確か。

とは言え、前期のラストではかなり「いい感じ」になっていたことを思うと、前期の初めの頃に戻ったようなどこか暗鬱とした雰囲気に逆戻りした感も無きにしも。

正にダ・カーポ(初めに戻る)でしょうかw

進展があったのか、それとも停滞したままなのか。なんだか微妙な空気が流れていたところが気になりました。

初回は1時間スペシャルだったせいか、いささかテンポがゆったりしていたように思えます。映画版からの流れで、作劇にたっぷり時間を使った演出とも取れました。

それに伴って、黄前久美子の演技が以前と少し変わっていたように感じたのは、私だけだったでしょうか。

普段から気だるくあまりやる気を感じない子で、それは前期から継続している性格と言えますが、先ほども述べたように前期の終盤でかなりポジティブに変化していたので、それから比べるといささか覇気がないような?

ある意味では物語同様、黄前久美子自身もまた前期の最初の頃に戻った印象を受けたのですが、果たして。

こう言ってはなんですが、一瞬、演技が下手になった?と思ったほどですが、そうではなく「自然に」なったようにも感じる。ということはむしろ「上手く」なっているとも言える・・・かも知れない。

ただテレビ版しか見ていない私としては、前期からの流れを考えると演技の整合性を疑うところがあったのは確か。まあただの誤差、あるいは私の勘違いという線も否めないので、この辺りは掘り下げる問題ではないと思いますがw

それでもユーフォニアムは注目の作品でありますので、どんな結末を向かえるのかしっかり見届けたいと思う所存であります!


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 響け!ユーフォニアム

2016/10/06 23:16 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking