「テイルズ・オブ・ゼスティリア・ザ・クロス」第12話 最終回

【災禍の顕主】
全てを浄化する、そのときまで!

戦地へ赴いたスレイ。そこは汚れに満ちた世界だった。

人々の怨念が渦巻く伏魔殿。導師になるとは、これらを全て背負うことにあり。

果たしてスレイに導師としての役目が務まるであろうか。

とそこへ、最も濃い汚れをまとった人間が現れる。

それは「災禍の顕主」と呼ばれる巨人であった。

かつてこれが人間であったなどと、果たして誰が信じられようか。


<総評>
原作をプレイしていないので分かりませんが、つまりはこの災禍の顕主がラスボスとなる相手なのでしょうか。いや、まだドラゴンがいましたか。

この世の壮大さ、そしてはびこる汚れの深さと言ったものを示唆して、一先ずの幕引きとなった感があります。到底まだまだ完結すべき物語ではないのでしょう。

アニメに於ける趣旨としては、壮大な物語への導入と紹介、そしてスレイが導師となったその成り立ちについて説明したシークエンスであったと言えましょうか。ここまででも充分に迫力がありました。

制作がUfotableということもあり、スレイという青年についてはある人物と重なることが多いのですよね。それはもちろん「fate」に於ける衛宮切継であります。「全ての人を救う」との決意を持ちながら、誰よりも絶望したあの人です。

最終回で登場した「災禍の顕主」は、スレイに絶望を見せてやると言いました。この言葉は実に端的ではありました。

衛宮切継は何をやっても全てを救うことは出来ないことを身をもって知りました。つまりそれは、どうにもならない、そんなままならない「状況」に絶望したと言えます。

一方スレイは「災禍の顕主」から予め「絶望」を言い渡された形となっていること。これによって始めから「絶望」に陥らないと決意することが出来るでしょうし、

また「災禍の顕主」という具体的な相手がいることによって、例え切継と同じように「状況に絶望」したとしても、「災禍の顕主」を倒すことによって溜飲を下げるとは出来るかも知れない。

ある意味では見通しを立てやすいのはスレイの方であると言えます。

しかしながら「災禍の顕主」がもらたす絶望が途方もないものである可能性も否定できないところ。そうなると切継と比べてどちらが悲惨なことになるのかは全く予想が付きませんけどねw

これよりスレイに見舞うであろう試練を考えると、なんだか途方に暮れてしまうワタクシがおります。

「ゼスティリア」の世界を垣間見せると言った意味では充分役割を果たしたのではないでしょうか。原作をプレイするも良し、もしまたアニメ化されたなら楽しみたいと思います。

緻密な描写とダイナミックな迫力で持って圧倒する映像美は正に圧巻でありました。これだけでも充分満足出来たのでね。労力に比例する見事な出来栄えであったと思います。

そんなわけで本当にお疲れ様でした!


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : テイルズ・オブ・ゼスティリア・ザ・クロス

2016/09/26 23:19 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking