忘れえぬロシアへ①

昼前に起きて、今日は渋谷Bunkamuraへトレチャコフ美術館展を観に行こうと思い立ちました。

先ずは腹ごしらえ。やよい軒にでも行こうかと思ったのですが、途中の中華屋でランチメニューをのぞいてみたら、急にこっちへ寄ってみたくなりました。

それではと路線変更。中華屋へ飛び込みランチ注文。

以前から気にはなっていたのだけれど、初めてのお店。勝手がわからず、「肉野菜炒め定食で」と頼んだら、「ソチハ、ヘジツメニュー」と早速ポカをやらかしました。

「それじゃあ、半ラーメン半チャーハンセットで」と再オーダー、「ワカリマシタ」と。

でも良く見たら、半ラーメンのセットには「お子様用」と書いてある。気恥ずかしかったのですが、それほど腹も減ってなかったので、量的にはこんなもんでいいでしょ。と待つことに。

すると先にラーメンが出て来ました。しかしどうみても器がでかい。即座に、「これは完全に通常の一杯分あるな」と思いました。

日本語のよく通じぬ中華人民の方が、きっと「大の大男がお子様用のはずなんてないある!」と、脳内で補完したに違いありません。

お会計のとき、案の定「ラーメン半チャーハン」の料金になってました。これが中国式の商売の仕方なのだと思いました。

でもまあ、100円高いだけの780円だし、ラーメンとチャーハン意外にメンマやぶつ切りキャベツ(ドレッシングがかかってこれが意外と旨い!)、杏仁豆腐まで付いているのだから、「通」を気取ったラーメン屋で食べるたったの一杯よりは断然お得。

麺は意外にも細麺でわりとコシがあってよかったのですが、スープが薄すぎてあまり好みではありません。ラーメンに関してはやはり日本の方が美味いなあ、と思いましたが、チャーハンなんかはさすがに美味しいですね。

ここら辺はさすが、火の扱いに長けた民族である証拠なのでしょう。

さあお腹もいっぱい。渋谷へと向かいます。


@ちぇっそ@
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
スポンサーサイト

タグ : トレチャコフ美術館展

2009/05/16 19:07 | 芸術探訪COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking