「Fate/kaleid liner プリズマイリヤ ドライ!」第12話 最終回

【繋いだ奇跡】
未来は前にしかない!

ジュリアンとの対決を向かえたイリヤ。世界を救うか、それとも美遊を救うか。

イリヤが出した答えは「両方救う!」だった。

事態は総力戦の様相を呈して来た。

身体を賭して妹・美遊を助けた衛宮士郎は瀕死の状態。泥の英霊に押し潰されそうになったそのとき、彼方より1本の剣が飛んできた。

これには泥を跳ね返す力がある!

イリヤが放った一振りは、泥の壁を両断したのだった・・・


<総評>
さてこれでジュリアンの野望は打ち砕かれたのかと思いきや、「お前の理想で救えるのは美遊と世界だけだ」の捨てセリフで逃亡されてしまったのですね。

これは一体何を指すのでしょうか。世界以外にも救うべき何かがあると?

どうやらこれは次回作へと持越しとなるようです?

そして平穏を取り戻した日常で、士郎が妹・美遊とのことを語り始めましたが、これもまた別のお話で・・・えーつまり、こちらが「劇場版へ」となるエピソードでしょうか(笑)

はい。劇場版が決定しているようです!

さて。正直なところ、これまでのシリーズをちゃんと見ていなかったので相関図が良く分かりませんでしたが、今回のシリーズはすごく良かったなと思いました。

1期ではイリヤと美遊の友情を描いていたと思います。そして2期ではそれを再度確認する流れへ。これがどうも蛇足に感じられてしまい、同じ話を2回見せられたような気分になったものです。

クロが「うじうじイリヤ」と言っていたように、イリヤの態度も煮え切らないことが多く、主人公らしくがむしゃらに突き進む姿勢がなかったことが、更に悪い流れを与えていたように思います。

実質、本編の3期目に当たるこのシリーズでもまたその悪癖を引きずっていた感があったのですが、ジュリアンとの戦いに於いてイリヤが大きな決断を果たしたことで全ての溜飲が下がった思いがあります。

「世界と美遊の両方を救う」

願いとしては傲慢だったかも知れない。だけどそれを実現しようとする勢い。理屈なんてすっ飛ばして自分が願う理想を求める決意。そこへイリヤがようやく到達出来たことで、これまでのモヤモヤが一気に解消された気がするのです。

やっぱり主人公はこうでなくちゃ!やっとすっきり出来たワタクシがおりましたw

技術的なクオリティは申し分なし。ストーリーも葛藤とカタルシスが高い次元で交錯しており、脚本の素晴らしさを存分に堪能させてもらうことが出来ました。

劇場版まで観るかどうかは分かりませんが(笑)、今回の話の続きは是非見てみたいものですな!

もう一度言います。今回のイリヤは本当に面白かった!

以上で感想を終了したいと思います。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : Fate/kaleidlinerプリズマ☆イリヤ

2016/09/22 13:40 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking