「91Days」第8話

【帳の陰】
この町には悪臭が漂っている!

新たに捜査官に任命されたデルフィは、この町からゴミを一掃すると息巻く。ファンゴの台頭、そして古くから町を牛耳るヴァネッティファミリーを取り締まる。検察をマフィア、この二大抗争が勃発するかに思われた。

とまあしかし、家族を狙われ、結局は脅しに屈することとなったデルフィは早々に退任してしますのですね。まったく、この人は何しに出て来たのやら。そう思うところなのですが、当時の状況も恐らくこんなものだったのではないでしょうか。

西部劇の精神でしょうか。熱血なヤツが出てくるものの、猪突猛進で捻りがない。ひとたび鼻をくじけばそれで折れてしまう。ただこれは決して司法が弱いというだけでなく、当時マフィアがいかに厄介な存在であるかを示すエピソードであったと言えましょうか。

仕事では良いところののなかったデルフィさんですが、彼の行動は本筋に大きな影響を与えておりました。

デルフィの「家族を殺る」と言い出したのはアヴィリオでした。非人道的な方法。これに賛同できない親友コルテオが、ヴァネッティファミリーに反旗を翻す展開へと至ると・・・ほんと無駄な人員がいませんねぇ。デルフィの役割が効いてます。脚本の妙が活きている!

アヴィリオとの間で深まる溝。彼のせいでコルテオは自分がこの事態に巻き込まれたと思うようになる。コルテオはただ旨い酒が造りたかっただけ。そして禁酒法が解除された後は、アヴィリオと醸造所を経営したいと思っていた・・・のではないでしょうか。

ファンゴはコルテオに話を持ち掛ける。「ウチで酒を造らないか」と。ヴァネッティファミリーの情報を流すようになるコルテオ。それはネロの暗殺計画の一端を担うことに。ただアヴィリオの機転でネロは危機を逃れましたが。

コルテオはもう用済みだと判断したファンゴ。ヴァネッティファミリーに「裏切り者がいる」と情報を流そうとしたところで、逆上したコルテオに殴殺されてしまいました・・・なにぃ!?

ここでファンゴの死亡。ここまでコルテオが取ってきた行動に対し、ヴァネッティファミリーは、そして親友であるアヴィリオはどう判断を下すのでしょう。

一気に先が見えない展開へ。恐らく、アヴィリオでさえ予想しえなかった事態ではなかろうか。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 91Days

2016/09/03 21:10 | 自己紹介COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking