「91Days」第7話

【あわれな役者】
裏には裏がある。そこは深淵か

ファンゴファイミリーの誕生を祝う祝賀が催されていた。アヴィリオとネロはその一員というわけだ。一方、ヴァネッティファミリーではロナルドの後押しを得てフラテが頭角を現していた。当然、ファミリーを裏切ったネロを許しはしない。しかしもとは兄弟である。ロナルドの妻であり、ネロの妹であるフィオは和解を望んでいたが。

今週は少し作画が不思議な感じになってました。特にファンゴ様が!でも崩れているというよりはキャラデザが根本的に違う印象。ファミリーのボスとなったファンゴの風格を表現したかったのかも知れません。

さて・・・アヴィリオの作戦がどこまでも怖い!

平気で仲間を裏切る。兄弟を争わせる。フィオにロナルドを殺害するよう仕組んだのち、ネロとフラテを対峙させる流れへ持ち込む。2人の間にある確執、それは兄弟であるがゆえに生まれる摩擦でありました。

父が認めたのはいつも兄の方。平凡な弟は奔放な兄に叶わなかったのです。

2人は必然、対決を余儀なくされますが、その直前、フラテが銃を所持していることを知ったアヴィリオがこれを暴く。その後フラテに戻したときには・・・薬莢を全て抜いてあったのですね。

銃を構えるフラテ。「やめろ!」と言いつつも、しかしネロも銃を構えなければならない状況になる。2人が同時に撃ったとき、弾丸が発射されたのはネロの銃だけである・・・

アヴィリオが抱く復讐の根深さ。それはあたかも、父親殺しの仇のみならず、ヴァネッティファミリー全員の処刑をも辞さないことを示すとでもいうのでしょうか。

それは深く暗すぎて、闇よりも黒い得体の知れないない何かのようであります。

「今日からはオレが兄弟だ」

ネロに向かってつぶやいたアヴィリオの言葉。何を意味しているのかまったく理解不能!

果たしてこれは友情か、それとも宣戦布告か。

アヴィリオの言動はもはや常軌を逸しているように見えるのです。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 91Days

2016/08/23 21:44 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking