「マクロスΔ」第21話

【切望 シークレット】
明るみに出た真実の数々

メンバーによって語られるワルキューレ結成から、現在に至るまでの浪花節。これが聞くも涙、語るも涙で・・・

最初はマネージャーから始まったカナデさんですが、才能があったことで自身もメンバーとなり・・・でも当初は上手く行かなかったみたいですね。

脱退するメンバーがいたり、挫折の連続だったそう。

だけどマキナとかが協力してくれて存続の危機を乗り越えて来たという経緯がある。

そして美雲の加入。それこそがワルキューレにとってのエポックメイキングであったというお話。

ただまあ美雲さんだけはとびぬけた存在であり、やっぱりリーダーとして、また人としてグループをまとめてきたカナデさんの頑張りがあったからこそだと思うんですよ!

メッサとの出会いもそんな最中でありました。なんかもう泣けてくる・・・!

美雲さんが意識を取り戻しました。そこで語られた真実とは・・・自らの出生を知った美雲さんが言うには、自分は遺跡の力を利用して造られたクローンだと言うこと。

予想されていたとは言え、これは残酷な事実であると言えます。ただ救いなのは、今の美雲さんが「歌う兵器」ではなく、純粋に「歌いたい」という気持ちを持つひとりの生きた女性として君臨していることだと思います。

だから私は信じたいのです。美雲さんが楽しむために歌っているということを!

その頃ウィンダミアでは、白騎士ことキース氏がハインツ二世の身体に起こっている異常を知ることとなりました。そして同時に、前陛下の身に起こった真実をも。

前陛下は凶弾に倒れたのではなく、最期、ロイドが介錯を行って息を引き取ったのでした。真実を知らされなかったキースが憤慨するのはごもっとも。

ここにロイドによる何かしらの策略があるからだと推測するのはた易いからです。

そのロイドは更なる奥の手を画策しているようですが、それもこれももとはウィンダミアに対するあくなき忠誠心から・・・であると思いたいところですが、それが今や狂気の沙汰に達しているのが何より懸念される事項であると言えます。

ロイドの計画やいかに。そして彼は何を見たのか。突如、異変を見せた遺跡。それこそがプロトカルチャーの真実であるのでしょうか。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : マクロスΔ

2016/08/22 20:13 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking