「Re:ゼロから始める異世界生活」第18話

【ゼロから】
お前の英雄であるために!

前回と、それから前々回にも出てましたかね。あの獣のような化け物。なんとあれがエミリアたんが契約している精霊パックさんであったことが判明。エミリアの死により、契約を果たすため世界を滅ぼすと言う。なんて恐ろしい約定を結んだものかと戦慄が走りましたが・・・

このパックから下されたダメ出しがスバルにとって決定的だったようで、死に戻りを果たしたスバルはもう完全にあきらめムードになっていたという顛末。

後半はそんなスバルをレムが元気づけるというやり取りに終始。とは言え、それが思い余ってレムからの一世一代のプロポーズになってしまったのはご愛嬌ですが(笑)

「あきらめるのは簡単です」

この言葉はスバルにとってもはや禁句となっている状況がある。これまでの出来事と見る限り、彼がどれだけ頑張って挫折して来たかを知っている視聴者としては、確かに同情するものがあります。。

しかしそれでも尚、「あきらめないで」というレムに対し、スバルが憤慨するのは当然と言えましょう。

レムが言うのは「あきらめる」ことはスバルに似合わないということ。自分が惚れた男は何があっても諦めず、最後まであがいて乗り越えるものである。これすなわち、スバルこそがレムにとっての「英雄」であるというお話でございました。

あそこまで鬱屈したスバルにはもはや何を言っても無駄と言った感があるわけで、これを説得するのは容易ではないと思うのです。そこをレムはとにかく「大丈夫、大丈夫」と言い続けるのですね。

私がいるから大丈夫。ずっと信じているから、と言い続けることによってようやくスバルが立ち直ることに成功。レムのスバルへかける想いは、もはや無償の愛と言っても良いものに感じました。

エミリアに救われたことに感謝しているのがスバル。それと同等か、それ以上にスバルに救われたと思っているのがレムなのですよね。この関係性の深さ、まあレムが一方的に想っているだけのものに過ぎませんが、これはちょっと言葉に出来ないものがあります。

すごい。すごい!としか言いようがない!

レムが本当に健気で愛しい。スバルへの想いが本当に強いからこそ、彼女が流す涙には意味があるのですわ。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : Re:ゼロから始める異世界生活

2016/08/03 22:47 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking