「アルスラーン戦記 風塵乱舞」第5話

【決別】
今度のアルスラーンは海賊退治だ!

ギラン総督であるベラギウスの欺瞞を暴いたアルスラーン。しかしまだ問題は残っている。海賊たちに情報を流している者がいるらしいのだ。海賊たちの横行によって儲かるのは誰か?それを辿って行けばいずれは・・・

今回は腐敗したギランの情勢を世直しする展開に。ベラギウスがその張本人であったわけですが、変装したファランギースを近づけて油断させるとか(まあホステス代わりだな)、策士ナルサスが考えたにしてはちと陳腐な作戦でしたが(笑)まあペテルギウスがその程度の男だと踏んだのでしょうがw

そして海賊退治には、商人のグラーゼが協力してこれを征しました。彼は商人でありながら損得よりも夢を優先するような男で、正に海のような広い心を持った男であると言えましょう。この功績を買って、アルスラーンはグラーゼを次期ギラン総督へ任命するに至ります。

しかしながらまだ根本の問題が解決されていない。海賊に商船の入港などの情報を流していたのが誰か?まああらかた見当はついていましたが、やはりあの人でしたね。

シャガードもまたペテルギウス同様に王都での混乱に乗じて富を得たクチなのでしょうか。守備が手薄になった都市はもろい。そこに目を付け海賊と結託し、横行を働いたのか。

いや、ただまあ、海賊の存在そのものを抑止力として利用することだって考えられるでしょう。最初はそうであったものが何かのきっかけで美味しい思いをし、それがずるずると今日まで引きずってしまった可能性だってある。と言うか、願わくばそうであってほしいと思うところ。

シャガードが根っからの悪党だったとしたら、ナルサスとしても辛いところでしょうからね。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : アルスラーン戦記

2016/08/03 20:14 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking