「マクロスΔ」第17話

【拡散 オンステージ】
メガネコレクターだったロイドさんw

えーっと。ねぇ、これ。誰が得するの?誰が得する設定なの!?

まあそれはともかく。今回、ウィンダミアによる支配が続く地帯に潜入する作戦が決行されました。場所は、以前向かった猫耳惑星ですね。

でも警備が厳重なので困難が予想される。そこでワルキューレのライヴを全惑星に配信するていでもって、ウィルスを仕込んで通信をハックしようという算段でございました。

これにはいくらかのゲーム性も加わっており、例えばクリックすると(どこをクリックするかはご想像にお任せします)メッセージがもらえると言った趣向。

更には隠しファイルに収納されたあられもない写真の数々まで・・・って、安い女どもだな!ワルキューレ!

もっとも、先日ヴォ―カロイド系のMMDをダウンロードしまくった私がいくら批判してもまるで説得力がないですが(しょせん同じ穴のムジナか

この配信はウィンダミアでも見られていて、若い兵士が密かに楽しんでいると背後からボーグがやってきて叱責。ところがそのボーグもワルキューレの肢体にいつしか釘付け。

そうか。ボーグはレイナに反応するのか。彼の趣味はショートカットのクール系美少女なのか!妙に納得したワタクシがいたのでした(どこに納得したのだ?

そしてハヤテとフレイアの関係がいよいよ深まった感があります。いつもより感情がこもったフレイアの歌。それにハヤテが当てられてしまったのです。

ここへ来てようやくハヤテはフレイアの気持ちに気付いたということでしょうか。

良い雰囲気になった2人でしたが、彼らの間に流れる時の速さは違うのですね。寿命は30年程度しかないウィンダミア人にとって1日1日が大きな意味を持ってくるというお話。

すごく切ない話ではあるものの、アニメなんかで良く見られる内容にモノノケと人の関係などがあります。あれもまた生きる時間の違いが悲しい結末を呼ぶものが多い。

ただそれを現実に置き換えた場合、永遠の命を持つであろう神に比べたら、儚いひと夏の幻のごとき人生でしかない我々人間が、それで果たして自らの寿命の短さを嘆くものだろうかと。

まあ永遠の命が欲しいと願うのは太古よりの命題と言えますが、実際のところ永遠に生きるのもまた苦しいような気がするのも確か。

生物にはそれぞれ流れている時間があって、その中で人生観などが生まれるはず。だから30年しか生きられないとしても、もともとそうした種族であるなら普通に受け入れる事実ではないかと思った次第。

ただそれを言い出したら物語にならないので、単に持論を展開しただけですのであしからず。

さて、以前話に出たハヤテのお父さんの話題。巷で予想されていたように、彼のお父さんがウィンダミアに爆弾を落とした犯人だったようです。

しかしそこには理由がありそう。その真相さぐるべくハヤテが動くようですが、このことにフレイアちゃんが動揺してしまっているのですね。せっかく気持ちが通じ合えたと思ったのにこの有り様。

やはりマクロスではヒロインと主人公が結ばれることなく、伏兵の上官と出来ちゃうのでしょうか。

ああ、報われない。報われないフレイアちゃんに愛の手を!


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : マクロスΔ

2016/07/25 21:07 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking