「テイルズ・オブ・ゼスティリア・ザ・クロス」第2話

【イズチIzuchi】
スレイや。スレイ、や。スレイヤー・・・

人間であるアリーシャを天界へと招いたスレイに向かって、この世界を守護する存在であるジイジが言う。

「スレイ・・・スレイや」と!

天界にとって人間とは災いを招く象徴である。招かざる客であるとジイジは説く。

では何故そうなのか。

アリーシャにはスレイの傍らに立つ「天族」が見えないからなのですね。

太古の物語である「天遺見聞録」に書かれた神話、それを信じる心を失ってしまった人間には、もはや天族を目視することが出来ないということでしょうか。つまり人間は既に堕落してしまったということか。

それならばどうして同じ人間であるスレイには天族が見えるのでしょうか。

推測するに、人間としての教育が為される前にスレイは天族に育てられた。それが現在、スレイが天族と共同生活出来ている理由なのかと思いましたが、果たして。

確かにアリーシャに天族は見えない。しかしスレイとの出会いによってその気配だけは感じられるようになった。いや、本当の意味で信じられるようになったと言った方が良いでしょうか。

アリーシャが見せた心の底からの敬意。それが天族にも伝わったような気配があります。

ところが伝説にあるようにやはり人間の存在がこの天界へ災いをもたらしたことは確か。以前にアリーシャを狙った狐の獣であるヒョーマがここへ侵入したことが察知されたのでした。

辛くも撃退したものの、これは由々しき事態。

しかしこれは天界が侵されたというだけではなく、そもそも地上に暗雲がもたらされたことが所以だと言う。

天界と地上とは無関係ではないということ。地上の安全が脅かされることはすなわち天界にとっても脅威を招くという事実。

これだけで世界が動くには充分な理由になるでしょう。

さてアリーシャを追って天界を出ることにしたスレイ。当初は抜け駆けしようとしたものの、これに気づいてミクリオも同行することにしたようです。さすが相思相愛!(違っ

アリーシャが起点となって物語が動き出した感があります。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : テイルズ・オブ・ゼスティリア・ザ・クロス

2016/07/18 20:46 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking