「マクロスΔ」第15話

【決別 レゾリューション】
亡き父の跡を継いで、ハインツ二世、戴冠!

ウィンダミアに於けるドラマが展開。白騎士団と呼ばれた部隊はかつての戦争で敗北した際、黒騎士と名乗ることになったという。騎士としてあるまじき行為だとしても、勝利の為ならあえてその手段を取る。その覚悟の証しであったというお話。

前々回になるでしょうか。ウィンダミア陛下が戦死したことを受けて、今回、まだ幼きハインツ二世が王になることが決定されました。

これまでのウィンダミアの情勢に於いては、ロイドが少なからず関与していることが語られました。ヴァールを用いる事、それがハインツ二世の歌声によって制御可能であることを見抜いた。ある意味でそれは今回の戴冠に至ってもロイドの思惑のひとつとして想定されていたことかも知れません。

もちろんハインツ二世こそが正統なる王の血筋であるわけですが、いかんせん幼き故、結局彼は広告塔として君臨するだけで、実験そのものはロイドが握っているような状況である気がします。

ロイドは綿密な計画性を持ってこれに臨んでいる節が見られることから、彼の暗躍がこれからの情勢に影を落とすことは必至となるのでしょう。

ところで、ウィンダミア人の寿命は約30年ほどだと聞いています。今回、老兵のひとりが「今度2人目の孫が生まれる」と言っていたこと。孫って!?30歳でおじいちゃんになるって、ウィンダミア人の生殖サイクルってどうなってるの!とても気になったワタクシがおりました。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : マクロスΔ

2016/07/11 20:37 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking