「ReLIFE」第2話

【コミュニケーション能力0点】
ラーメン!つけ麺!!オレおっさん!!!

前回の終盤にテストやったでしょ?(なぜタメ口)あれの結果が来たのよ。そしたらオレ全部赤点だったw

というわけで、怖い描写から始まった第二話!高校生どころか、私なんて中学生の問題も解けるかどうか。一応進学校だったんですけどね。ほとんどの教科が赤点だったけどw

社会人になってからまた高校生をやり直すとかって、結構怖いところこがありますよね。テストもそうだし宿題も。

家に帰ったら晩酌してアニメみて寝るだけ。そんなていたらくで暮らしている日々が覆されると考えたら、学生になんて戻るもんじゃないなと思ってしまいます。

それはそれとして!

少しづつクラスとも馴染んで来た海崎新太。隣の席の狩生玲奈ちゃんは不愛想だけど根は良い子みたい。その玲奈ちゃんを好きらしいのが秀才の大神和臣。彼とは良い友達になれそうだねw

それから妙に事情通?な雰囲気がする小野屋杏ちゃんとは不思議と意気投合する。それから今回交流を深めたのが、がり勉娘の日代千鶴ちゃんだったというお話。

新太の行動はまだ社会人のクセが抜けきらず、そのせいで誤解と言うかクラスメートから驚かれることが多いのですが、そんな世代間のギャップが良いきっかけとなって若者たちとのコミュニケーションを生んでいたのが印象的でした。

ただまあ上から目線にならないよう気を付けような(笑)

少し気になるのが、小野屋杏ちゃんのこと。彼女って新太とウマが合うのですよね。世代間のギャップも感じない。まあ薄々気づいてはいたことですが、彼女もまた「ReLIFE」の被験者なのではないかと言う点。

だとしたら世代が似ているから考え方や話題や似てくるということはあるでしょうね。その辺りまだ裏は取れてませんが、ただこの実験に携わっている夜明了の反応を見ていると、新太が彼女と近づいている場面では良い顏をしないのですよね。

これはつまり、見た目は高校生でも中身は大人同士の付き合いだから意味がないから、ということになるからだと思います。そんな小野屋ちゃん、彼女こそが1話で話があった、夜明が関わって失敗したという被験者第一号だったりするのでしょうか?

小野屋ちゃん問題は追々考えるとして、ここで大事なのはあくまで交流を若者と交流を持つ事。

夜明には千鶴のことを心配していた様子が見られました。彼女は自身の性格によって生き辛い人生を送っているようなのです。そんな彼女にとって新太は良いガス抜きとなっていたように感じますw

千鶴にフォローしている新太を見たときの夜明了は、小野屋ちゃんのときとは打って変わって納得の表情をしていました。夜明としてはこういったことを狙っているのが分かるでしょう。

これらを踏まえて考えると、新太を救うプログラムであると同時に千鶴やその他クラスメートたちの救済になっている物語にもなっているんだと思います。

さあ!千鶴との交流によって新太は煙草を捨て、高校生として暮らす決意を固めたようです。この場面、実に胸を打つものがありましたw

ところでエンディング主題歌なのですが、これは週替わりで懐かしのヒットソングを網羅して行く流れでしょうか。1話では奥田民生が。そして今回はTMレボリューション(笑)

ただでも新太の世代ではこの辺りは当てはまらないはず。これは単に制作担当の趣味なのでしょうか。そこが気になる!


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : ReLIFE

2016/07/09 17:26 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking