「マクロスΔ」第13話

【激情 ダイビング】
風を変える歌!

エリシオンとシグル=バレンスとの全面対決が勃発!新統合軍は反応弾を起爆。しかしシグル=バレンスに損傷を与えることは叶わず、しかもその爆破された跡からプロトカルチャーの遺跡が次元転送されて来た!?これとリンクを始めるシグル=バレンス。これによってハインツ二世の歌声が増幅され・・・

ワンクール目の締めくくり、ここまでのクライマックスを演出した今回のエピソード。ここまで力のこもった回なんて、普通のアニメじゃ最終回のレベルだったでしょうな!

いやはや。壮絶な戦闘シーンに衝撃的な場面の連続で正に息をも付かせぬ展開でございました。

そんな中で、ハヤテとフレイアちゃん、そしてミラージュによる三角関係が更に根深いものになって行き(笑)ってかさあ、女子2人に対するハヤテの態度ってば、どちらに対しても「気がある」ような思わせぶりなもので、君ちょっとそれずるいんじゃない?と思う感じなのですよねぇ~

ここ最近、急にハヤテとミラージュの関係が深まっているように見えますが、今回は正妻である(?)フレイアちゃんが一念発起!ハヤテのサポートに最大限がんばりを見せたと言えます。いや~この健気さ、思わずがんばれ~!と本気で応援したくなっちゃいますw

さて気になるのは転移して来たプロトカルチャーの遺跡。これが同じく古代の遺跡であるシグル=バレンスと同調を見せていること。なんとか一矢報いた新統合軍ですが、状況としてはウィンダミアが優勢ということでしょうか。今後の戦況から目が離せません。

遂に実現したウィンダミアとの一騎打ち。この戦いの内で、ウィンダミアの総帥である陛下が負傷の後、死亡。後を継いだのがロイドでありました。実はここにも懸念があります。「陛下の遺言により・・・」とはロイドの弁ですが、虫の息だった陛下はひと言も発せず絶命しているのですよね。

つまりはロイドの独断専行でウィンダミアの指揮を執ることになったということ。ロイドの思惑、そして目的がどこにあるのか。その動向いかんによっては、全宇宙規模の混乱がもたらされる気がするのですが、果たして。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : マクロスΔ

2016/06/27 22:53 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking