「ハイスクール・フリート」第12話 最終回

【ラストバトルでピンチ!】
これは・・・ヤバイ!!!

叛乱を起こした武蔵を止めるため、単身潜航するはれかぜ!

被弾しながらも武蔵に近づき、最後には追いつき、そして機関室にいる友の救出へ駆けつけた岬ちゃん。

これには後から駆け付けた仲間の援護があったと共に、やはり友を想う強い心が困難を克服したからに他ならないでしょう。

演習中に言われなき砲撃を受けてから久しい日々が過ぎた。ようやくたどり着いた陸で喜びを分かち合う乗組員たち。

全員が降りきったところで、まるで自らの任務を終えたかのように沈みゆく、はれかぜの艦影が夕日に照らされると・・・

「沈むなー!!!」

そんな悲痛な声が上がる中、はれかぜを讃えるように敬礼をする美咲ちゃんの姿がそこにありました。

やべーこれ・・・泣けた。今期最も爆涙してしまったラストでした。

もらい泣き?いや、これは男泣きだぜ!!!


<総評>
もっとも登場人物全部女の子だけどなっ

このときの岬ちゃんってばマジ男前だったので、ついw

いきなり先生が生徒に発砲するという事態から始まった物語。一体何が起こっているんだ!?それは中盤まで全く分からず。ちょっと説明不足じゃない?と思って怪訝に思ったこともありました。

しかしこれは我々視聴者をアニメの登場人物たちと同じく、わけのわからない事態に放り込む為の演出であったと、今なら思える!

経験もなくつたなくて、それでも気丈に逞しく、そして機転を利かせてピンチを脱して行く彼女らを見るにつれ、自分もいつしかはれかぜの乗組員になっていた・・・そこまで言うと大げさな気がしなくもないですが(笑)

それでも何かね、次第にこの光景に馴染んで行った自分がいることは確かなのです。

結局、彼女らを襲わせた謎のウィルスの正体がなんだかったかは分かりません。ただでもそれは今ここで追及するものではないでしょう。未知なる恐怖。これはドラマにスパイスを与えるための要素であったと言えるでしょうか。

素敵な海の仲間たちがいる。海はひとつ、だから私たちもひとつなんだ!

ここにはそんな絆があったように思います。

本当に良かった。第二の「アレ」にならなくて。あ、いや。決して「あかんこれ」のことを言っているのではありませんよ!?(あからさまだな

戦艦って本当に良いものですね!そんな言葉で締めくくりたいと思います。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : ハイスクール・フリート

2016/06/26 19:08 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking