「キズナイーバー」第9話

【万事休す……かしら】
夏が終わるまでの辛抱

やはり勝平と園崎法子はかつてのキズナ実験における被験者だったようですね。しかし勝平は当時のことをあまり覚えていなかったようです。だから園崎法子は今回の実験を通して勝平にそれを思い出させようとしていた・・・

しかしながら当時の実験の様子を見るにどうも成功したとは言い難いものがある。痛みに苦しむ子供たち。そして何らかの理由により高所から飛び降りようとしている園崎法子。とても穏便に実験が完了したのではなさそう。

この事件(?)が元で勝平が自分で記憶を封印してしまった・・・と考えることも出来るでしょうか。

ということは、これは園崎法子にも言えることで、ここで受けたトラウマによって彼女もまた精神的あるいは肉体的に何らかの損傷をこうむった可能性もあるでしょうね。

そして実験者のひとりである漆原に何か訳知りの様子があること。彼女はかつての実験も担当していたのでしょうか。ただ年齢的に見て当てはまるかどうかは分からない。いずれにせよ関係者であることに変わりはないのでしょうが。

さて、現在の勝平たちもまたかつてと同じ状況に陥っている様子。キズナシステムは更にシンクロ率を増し、ついに「心の声」まで聞こえるようになったのです。

きっかけは・・・勝平に恋心を寄せる千鳥の感情、そしてその千鳥に想いを寄せる天河、更にはその天河に想いを寄せるニコちゃんと。それぞれの想いが交錯する。それもかなりの密度を伴って。

この精神的苦痛にあえぐ少年少女たち。まるでかつての実験で苦しむ子供たちと同じ姿がそこに見られたのでした。

恋愛のドロドロを描くことにかけては人後に落ちない岡田さんのこと、今回は正に本領発揮と言ったところでしょうか。しかも今回はかなりキツイ。これまで見て来た岡田脚本の中でもいちにを争う背筋ゾク!シナリオだったと言えましょうか(褒め言葉

しかしそのドロドロが色濃いほど、晴れた後の空が青いのもまた事実。園崎法子からミッションクリアを言い渡されたとき、みんなの上には澄み切った青空が広がっておりました。

これまで影の薄かった主人公・勝平が、ここへ来てようやく存在感を示して来たと言いましょうか。いよいよ彼をキーにして物語が動き出した感があります。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : キズナイーバー

2016/06/05 19:18 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking