「少年メイド」第4話

【好きこそ物の上手なれ】
かわいいショタには漢字で書いたメモでおつかいをさせよw

前半は邸の部屋を掃除するエピソードでした・・・って、それいつものやんか~!!!

まあいつも掃除しているイメージのある千尋きゅんですが、やっぱり今回もお掃除するんですねw

とは言え今度は新たに発見された部屋であります(ってどんだけ部屋あるんだ~

張りきった千尋きゅんはマドカの大事なものまで捨ててしまったのです。

とは言え、傍から見れば確かにそれはゴミにしか見えない。だけどマドカはもともと捨てられない性分。プレゼントの包装紙だって取っておきたいのです!

まあ私にも似たところがあるのでマドカのことは言えませんが(笑)捨てられないものってありますよね~

個人的はもっとこう、社会とのしがらみとか、煩わしい人間関係だのを捨てて行きたいのですが(それ、捨てると廃人になるヤツ
マドカの姉であった千尋きゅんのお母さんもまた、捨てられない人だったようです。

千尋きゅんが初めてのおつかいで使ったメモ。お母さんは漢字で書いてしまったので、当時の彼には読めなかったのですね(笑)だけどそれもまた思い出!

なんかこう家族の絆を感じさせるお話でほっこりとしましたw

後半は執事の桂一郎のため、美耶子ちゃんが彼の大好きなプリンを手作りしてあげるお話でした。

日ごろ苦労されている桂一郎さまをぜひ労いたい。だけどそれだけじゃない。この想いが届くように!

とまあ、美耶子ちゃんの恋心を描いたストーリーでもございましたw

ちなみに桂一郎にとって一番の厄介事は、どう考えてもマドカの奔放な行動ですよね(笑)ストレスは主にマドカのせいw

プリン作りを頑張る美耶子ちゃん。そんな折、千尋きゅんは桂一郎さまに付きまとう謎の女の存在を偶然知ってしまう。

これでは始めから実らぬ恋ではないか!と焦る千尋きゅんという図が展開するのですが・・・

ところが!

桂一郎の手帳に挟んであった女の写真。これって恋人!?と思いきや、なんとマドカの若いころの写真だったというオチw

真相はこう。マドカの姉であり、千尋きゅんのお母さんである千代が、自分の服をマドカに着せて遊んでいたと。

まあ~よくある話ですが、むしろ千代さんグッジョブ!と私は言いたい。

当初より思っていたのです。マドカのルックスもまた見目麗しいとw

きっとマドカも女装が似合うだろうな~と思っていたので、過去にこんなことがあったなんて色々想像してしま・・・いや。とっても嬉しいです!(なぜ言い直した?

さて美耶子ちゃん主催のお茶会が開催。

美味しいプリンを頂いたあとはみんなで記念写真。こうして新しい家族と共に、新たな思い出が作られて行くのですねw


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 少年メイド

2016/05/07 18:14 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(1)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2016/05/08 | 星屑の流星群 |

少年メイド 第4話「好きこそ物の上手なれ」感想

母親、千代が亡くなった事がきっかけで、 叔父である円の家に住む事になった千尋、 円が納得させる為にギブアンドテイクという事で 少年メイドとしての生活が始まった千尋 今日も家事全般をこなす千尋ですけど…

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking