「亜人」第8話

【衝戟に備えろ】
亜人の亜人による亜人のための世界を

やはり佐藤が亜人を集めたのは、亜人によるテロあるいは戦争を起こすためでありました。しかし実際に集まった亜人の中には佐藤の考えを良しとしない者もいて、組織として成立する前に反乱が起こりました。

この事実は、人間に対する不満あるいは単に暴力や殺人行為に対する興味のため佐藤に与する亜人がいる一方で、あくまで普段の生活の中で亜人と知られずひっそりと暮らしたいと願う者もいる。

佐藤の考えでは人間がいる以上、亜人にとって平穏な世界はないとの主張がある。しかし唯でさえ気味悪がられている亜人がこれ以上騒動を起こすようなら、それこそ全人類による「亜人狩り」が始まると危惧する向きもある。

どちらも真であると言えるでしょうが、果たして暴力による革命が正しいのか、それともひたすら身を潜め怯えて暮らす日々が良いのか。その答えは佐藤による革命の結果いかんによるところ大きいでしょうが、ただ佐藤が目的としているのはそれだけでもないような気がするのが引っ掛かるところではあります。

殺し続けることで更に亜人が発見されて行くことでしょう。死なないのが亜人なら、殺し尽くした先に生き残っているのが亜人だからです。

亜人だけによる世界、あるいは国家の設立。佐藤はそんな野望を抱いているのかも知れません。

もし仮にそれが実現したとして、気になるのは亜人の寿命ですね。果たして亜人に老衰があるのでしょうか。下手をすれば超高齢国家が出現する事態にもなりかねない。

亜人の生態についてはまだ分かっていないことも多いことでしょう。願わくばあまり繁殖力が高くなく、少数精鋭で生存し続けてくれればこれ幸いと思います。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 亜人

2016/03/06 04:33 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking