「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンドオブザワールド」樋口真嗣

笑撃の・・・巨人

シキシマ隊長が明かす巨人の謎。人類にとって真の敵は彼らではない。では我々が打ち倒さねばならないものとは何か。今、驚愕の事実が明かされる!

というわけで、実写版の後編に当たるエンドオブザワールドを観て来ました。

巨人の正体が何であるか。それはアニメに於いても示唆されておりました。それが明らかとなった今回は「真に戦うべきは巨人ではない!」という方向へとシフトする流れ。そしてこれを指揮しようとするのがシキシマ隊長であるという構図になっております。

原作を追っていない私としては、現在どこまで謎が解明されているかは分かりませんが、映画はどこまで原作準拠何でしょうかね。原作とは違った改変あるいは圧縮展開が見られるのは致し方ないとしても、かなりしっちゃかめっちゃかなことになっていたのはいかんともし難いものがありました。

ただまあ今回もかなり笑えることになっていたので、本当の意味で腹を抱えて楽しめる娯楽作品になってはいましたが(笑)

特に後半、「おまえもか!」状態になったときには、まるでドストエフスキーの小説を思い起こさせてくれました。映画についてはネタバレになるので言及を控えますが、ドスト氏の作品では何かにつけて登場人物が「癲癇」になるのですよね。

困ったときの癲癇リセット(笑)それに近い事態になっていたというお話。正直なところ、個人的な印象では前編よりも酷いことになっていたと感じました。

ただ石原さとみ演じるハンジに関して言えば、前回よりもパワーアップして、自由過ぎる行動で楽しませてくれていました。

巨人の研究にいとまがないハンジですが、無類の武器フェチという面も合わせ持ち、巨人との大戦以前の武器が発見されるやいなや、「グヘヘヘw」とばかり飛びついて行く様に「ハンジ、好きだ~!」と思ったワタクシがおりますw

訴えるメッセージ、世相を反映した部分さえ感じさせるテーマ性には興味を惹くものがありましたが、いかせんそれを先導すべきシキシマ隊長のキザなセリフ回しによって全てが茶番に聞こえてしまうという悲しさ。もっとも、映画と社会情勢をあえて結び付けて考える必要もないのですけどね。

ただこの映画版に於いて、シキシマ隊長の本来の目的こそが物語を動かす原動力となっていたことは確か。この辺りが原作とどうリンクしているのか、あるいは全く関係ないのかは分かりませんが、原作と別のストーリーを展開させるために立てられた映画オリジナルキャラであることは納得できました。

とは言え、シキシマ隊長が進撃の巨人という作風にマッチした人物像であったかという点に関しては疑問が残りますが、個性という点ではオリジナルキャラ達に引けを取っていないどころか、全てを喰ってしまう勢いがあったので、これはこれで有りなんじゃないかと思います(笑)

演技の面について私は専門家ではないので分かりませんが、総じてハマっていたように思います。むしろ良かった。

特に主人公のエレンが見事でした。巨人へ対する復讐が原動力となっているあの感じが、原作とそん色ない切実さをもって迫ってくるものがあったと思います。クールビューティなミカサも良かった。例えば昔の梶芽衣子みたいなカッコイイ女優って今の日本ではあまりみかけないので、彼女は貴重な存在だと思います(笑)

中にはアニメっぽいセリフ回しだと感じる向きもあるようですが、私はアニメを先に見ており、そのイメージがあったので違和感を覚えなかったということがあるのかも知れません。アニメを見ていない方の印象も知りたいですね。

キャストで気になったのはひとりだけ「いらない子」が出来ちゃったことですかね(笑)誰とは言いませんが、あの腹ペコキャラの子(言ってるじゃないか

まあ色んな政治的理由があるのでしょうが、「とりあえず使わなきゃならないから」と頭を悩ませた監督の苦労をねぎらいたいと思います(コラ

今回この実写版「進撃の巨人」は「ある意味」で歴史に残る映画だったと思います。世紀のださく・・・だいさんじ、いやいやいや!そんなこと声を大にしては言えません。普通、理解を超える作品とか、これはダメだなと思った物語を目の当たりにすると大概無口になるものです。

だけど進撃の巨人はそこが違っていたのです。

エンドロールが流れたあと、席を立ったお客さんたちからはみな笑い声が漏れていました。こんなにみんなが笑って劇場を後にする作品も滅多にありません。

ただしそれは明らかに「失笑」で、「やっちゃったな」みたいな。生ぬるく見守る?そんなお客さんたちの温かい気持ちに心が救われたワタクシでありました。


@ちぇっそ@
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト

タグ : 進撃の巨人

2015/09/22 00:59 | 映画/DVDCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking