「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」第3話

【人の愛し方】
サブタイだけは高尚な響きがあるが。。

特待生の早乙女乙女が狸吉を脅すのです。身体検査での一幕を尻・・・もとい。知った彼女は、狸吉にある取引を持ち込むことになります。

ちっちゃいけれど年寄言葉を駆使する早乙女先輩が実に正しい新井里美キャラで安定でございました!

新井さんと言ったらこういうキャラが得意ですよね。かわいいお婆ちゃん的なw

この早乙女先輩。なんとアンナ先輩が好きだという。絵のモデルにしたいそうなのだけれど、何故女の子同士で?ここには正しい性教育がされていない弊害を見ることが出来るでしょう。

「好き」という感情をこじらせ、本来は男女で愛し合うべき性の営みが完全に倒錯してしまっているのですね。

「好き」とはなにか?男女が惹かれあう、その本来の理由を忘れてしまった人々は清廉潔白という名のもとに、そう遠くない将来に滅亡の道を歩んでしまうかも知れない。

つまり「性交」が為されなければ、人類は子孫を残すことが出来ないからです。

もっとも試験管ベビーなんて手段もあるでしょうが、果たしてそんな風にして生まれた子供に真剣に愛情を注ぐことが出来るでしょうか。

もっとも世代が下ればそれでも成り立つのかも知れません。しかし生物としての力強さと言うものは失われてしまう気がするのです。

まあなんとなくそんな風に思っただけでとくに根拠はありませんが、なんかね。なんかね!っていう思いがそこにあるのだ!

ただ早乙女先輩が生粋の百合だったというオチもなくはないけれどw

さて、それはそれとして今は一大事!ただいま生徒会長のアンナ先輩が絶賛ストーカーの被害に遭っている最中なのです!

アンナ先輩の様子がおかしいことは狸吉も気づいておりました。会議中にペットボトルを落っことしたり。普段の彼女ならあり得ないこと。

それを指して綾女が「(オナ)ペットボトルを!」と発言した辺り、ネタが細かすぎてこう言うのをイチイチ拾うマニアの身にもなってくれと言うもの!(マニアって。。

そこで早乙女が提案したことは、ストーカーを探るためにアンナ先輩を監視すると言うもの。

これに協力することになった狸吉は女装して早乙女先輩に付き合うことになります。素性を隠して正体がばれないようにするためだ!

女装の手順として、先ずは早乙女先輩に「剃毛」される狸吉。そう。すね毛は剃れよ!

女装で先ず大事なのは「清潔感」!

例えばみっくミクのコスをしている男子がいて、その魅力的なツインテにいくら萌えたところで、足から剛毛がはみだしていては百年も恋も冷めるというもの!(遭遇したことあるんかいな

だから剃毛は大事!できればVラインもお願い!(そんなシーンが見たいだけの願望じゃ?

今回の狸吉は一般人に紛れ込めるよう、ナチュラルな女装でした。いかにもコスプレって感じも良いが、これも捨てがたい!(だから落ち着けオレ

「狙っている」感じでなく、普段から馴染んでますよwというのが心地よいのだね。このファッションをセレクトした早乙女先輩はわかってらっしゃる!(もう!オレしつこいのっ

アンナ先輩の監視を続けていると、そこへ現れたのはストーカーでした!もう我慢ならん!ということで強硬手段に出た模様。

しかしここにも性的に間違った光景が見られました。

アンナ先輩を襲ったのはガチムチの巨漢共でした。こういったヤカラは普段なら普通は「男しか」愛さないはずです(ぇ

だけどこうして健全に女性を性の対象として捉えているあたり、やっぱり公序良俗に「まみれた」社会は何か間違っている!そう思わざるを得ないわけです(オレの性の方が倒錯している気が

こんなのあり得ない!ガチムチならちゃんと筋肉を愛せよ!襲うなら狸吉の方だろうが~~~!!!(何を言っている

そんな騒動の中、アンナ先輩を助けに入った狸吉がラッキースケベ。なんと先輩とキスしちゃった!?

このときのアンナ先輩の反応と言ったら・・・

あれ?アンナ先輩もしかてIn・R・A・ん?んんんんん!?!?!?

ここで気になる供述があります。アンナ先輩の事がが好きで普段からよく観察している早乙女先輩だから気づいたこと。

「アンナはあんたたち雪原の青を追っているとき、実に生き生きとした表情をしているのよ!」

性的に抑圧された中で何か反動のようなものが起こっているのでしょうか?やはり性と人の感情とは密接に結びついているということか。

人は誰しも潜在的にエッチである!?

それを証明する展開がやってくるのでしょうか。

ところで、狸吉の女装に気づいた生徒会随一のガチムチである轟力雷樹の見せた反応に少し引っ掛かるところがありました。

頬を赤らめ「きゅんw」とする様子は、これまさか・・・恋の予感!?

そう。これこそ健全(ん?どうした?

こうなったら狸吉には覚悟を決めてもらわなければなりませんな。

轟力先輩の「ぶっといの」を受け入れる覚悟をなぁ~!!!(らめ~!壊れちゃう~@もうやめ


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : 下ネタという概念が存在しない退屈な世界

2015/07/20 21:28 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking