「Fate/stay night〔UBW〕」第12話 最終回

【最後の選択】
キャスターの本質と、士郎が掲げる正義の本質

キャスターがデート中の士郎と凜を襲撃。ふじ姉を人質に取る卑劣な手段でもって、士郎に懐柔を要求する。しかしこれを拒まれたキャスターが実力行使。セイバーを討ち取り・・・否、キャスターが持つ法具はサーヴァントを自分の配下に置くことが出来るものであった。そのとき士郎の手からは礼呪が消えた。マスターである資格を消失。これで聖杯戦争とは関係の切れた士郎だが、しかし彼はまだ・・・。

とりあえずのひと段落。次のクールまでの充電段階に突入することになった「Stay night」は1時間の拡大枠でした。

色んなことがあってすぐにはまとめられませんが、大筋ではセイバーがキャスターのサーヴァントになってしまったという大事件でもって締めくくられることになりました。

キャスターの持っていた法具の秘密が明らかに。その能力は前述の通りなのですが、まったく恐ろしい道具を持っていることに驚愕ですが、かねてよりキャスターはアサシンである佐々木小次郎のマスターでもある。でもこちらは召喚で呼び出しているのですよね。

キャスターが持つ情報量と言いますか知識、そして収集能力はあらゆる策謀を打ち立てるに実に有効に働くものですね。結界を張り、町の住人から魔力供給を受ける手段もそう。

ある意味でこれはキャスターが他のサーヴァントより自力では劣ることを証明しているかも知れません。足りない部分を策によって補う。屈指の頭脳派と言っても過言ではないでしょう。卑劣な手段も用いますが、ある意味では大変な努力家であるキャスターには頭の下がる思いがします。

さて問題なのは礼呪を失った士郎であります。セイバーを失い聖杯戦争への参加権利もなくなった彼は、しかしセイバーを救うと言って未だに関わろうとする。それを凜がたしなめますが、言い出したら聞かない士郎のことですから、それは野暮と言うものでしょう。

果たして今の士郎に何が出来るか分かりませんが、力を失い何も残っていない彼が気持ちだけでなんとか出来るのか?その辺りに一縷の希望を見ようではありませんか。

そんな中でキャスターとアーチャーの出自を示すような話もチラホラ見られました。キャスターの本質はもともと善良であるとか。これは言峰綺礼が指摘していたことであります。そしてアーチャーはセイバーと関係のある人物である公算が強いらしい。次シーズンの予告でもそれが示唆されていました。

次のシーズンで明らかになるであろう、各サーヴァントの正体。これが分かるとよりドラマが濃厚になり、それに比例して慟哭やら悲愴と言った感が強まるのですが、そこがいいんですよね!ほんとに楽しみです。

さて、あらすじでさらっと書いておきましたが、そうです。凛が士郎をデートに誘ったのですよね。私はてっきり今後の戦略を練る相談を兼ねて・・・と思ったのですが、本当に普通のデートでしたw

これには恐らく、士郎が今まで本当に笑ったことがないというのを気にした凛が、彼を心の底から楽しませようとしたことが伺えます。そして何より、士郎が追っている心の傷、それが前回の聖杯戦争に由来するものであることが凛の知るところとなったのが大事な点。

士郎が聖杯戦争にこだわる理由が正にここにあり、前回の聖杯戦争がもたらした悲劇、それを阻止するのが彼にとって最大の目的となっているような印象を受けました。もしかしたら士郎にとって聖杯こそが「悪」であるという認識なのかも知れません。

聖杯戦争に勝利し、これを手中に収めることこそ、士郎にとっての「正義」となっているのだとしたら・・・。彼が行っている「正義」の本質はそこに根差していることになります。となるとそれは真に被害者の視点に立ったものではない気がします。彼の正義がどこか歪なのはその点にあるのかも知れませんね。

それはそうと、このデートにはセイバーも「護衛」として参加していましたが、むしろ買い物とか食事とか、バッティングセンターで凛と張り合う負けず嫌いなところを見せたセイバーのなんとかわいらしいこと(笑)

前半のこのデート場面はセイバーのかわいさを引き立てるための演出が満載で、大変ごちそうさまでした!

それとあれですね、凛とアーチャーが語っていた場面。アーチャーが女の魅力について凜に講釈をしていました。凜にはそれが足りない。とくに「可愛らしさに欠ける」と言った台詞については私が反論しておきます。

アーチャーの時代にはまだ「ツンデレ」がなかったからです!

凜は可愛いです(何を宣言している

凜の最大の魅力に気づかないとは、アーチャーさんもまだまだ「男」が足りませんな!

冗談はさておき。

「聖杯は戦わずとも手に入る」と言ったキャスターは教会を訪れ、言峰綺礼にそれを差し出すよう脅しました。傍らには新たにサーヴァントに加えたセイバーを従えて・・・。

なんでも聖杯には「大きい方」と「小さい方」があるという。その内の小さい方はそれで手に入るそうなのですね。これはどういうことなのか?

当然これを断った綺礼は、キャスターが放つゾンビ軍団に襲われます。武芸に長けている彼ですが、さすがに人外相手には分が悪い。果たして綺礼がどこまで「持つ」のか。そしてこれを傍観するランサーの姿もありました。

ギルガメシュとシンジのコンビ。キャスターのマスターである葛木の動向など。様々な確執と因縁を孕みながら、次期へのつなぎとした盛りだくさんの最終話でした。


<総評>
完結はしていないので語ることはありませんが、よいひと段落だったと思います。

端から分割クールであることが発表されていたので気にしていませんでしたが、前回「Fate/Zero」のときは1クール目が戦闘の途中でぶった切られたので、新クールが始まる前にそのテンションが切れてしまったものです。

しかし今回はきっちりとまとめて来たので、テンション気にしないで新クールを迎えられそうです。

もっとも「Fate/Zero」もあとで録画分を一挙に見たらすごく良かったです。「Zero」も間違いなく名作であったと今なら言えます!分割だったのでテンション保つのがむつかしかったのですね(すいませんw苦笑;;

謎に伏線の数々と、それらが随所にちりばめられていますが、前期の出来栄えを見ればきっちりと回収してくれると確信できます。一番良い形で次シリーズへと持って行けたと思っています!w


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : Fate/staynight〔UBW〕

2015/01/02 17:22 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking