「PSYCHO-PASS(サイコパス)2」第6話

【石を擲つ人々】
カムイの目的。東金の履歴。

ゲームのホログラフィックを解いて現実を見せる。自分が殺人を行っていることを世間に知らしめる作戦が決行される。でもこれ「よく出来た実写だな」と思われたらおしまいじゃね?とは思いましたが、かなり残酷な画だったので、あれを見たら免疫のない人にとってはショッキングに感じるでしょうね。これなら効果あるかなと思いました!

というわけで、今週はカムイの当面の目的が分かりました。今回の事件で彼はドミネーターを回収することを目論んでいたようです。ドローンの遠隔操作が一般市民によって行われる事態になったことは周知のとおり。監視官を射殺し、その死体からドミネーターを回収するのです。

またカムイ自身もドミネーターを使えるようになっていました。その理由は、酒々井監視官の眼球を自分に移植していたから。どうやらドミネーターは網膜認証を採用しているみたいなのですよね!

なるほど、その為の監視官誘拐だったわけですか。恐らくは、移植に当たっての適合性も事前に調査済みだったのでしょう。それに適合したのが酒々井監視官だったということになりますかね。

これだけでもカムイがトチ狂ったマッドサイエンティストであることが分かります。しかし奇妙なのが、眼球を奪われた酒々井監視官がすっかりカムイに心酔していることです。文字通り痛い目に遭わされた挙句、犯罪の片棒を担がされているのに、当の本人は嬉々としている。

これには恐らく「シビュラからの解放」ということがあるのでしょう。霜月監視官を見ていると分かるのですが、人々は色相が濁ることを極度に恐れている様子が伺えます。それがなくなった今、酒々井監視官はこれまでにない安堵を覚えているにちがいないと想像します。これこそがカムイが信者から崇拝される最大に理由になっているのではないでしょうか。

さてそのカムイ本人、眼球だけとは言え、自らを人体改造したとでも言うのでしょうか。自分で手術したとなると、なんて痛々しい話なんだ!

それはそれとして、つまりいまのカムイは「目だけ別人」ということになります。今回ドミネーターが網膜認証で動作することが分かりましたが、もしかしてシビュラが犯罪係数を計る際にも網膜認証を採用しているとしたらどうでしょう。

前回の感想では、「カムイが人類の入替を行おうとしているのではないか」と書きました。今回カムイが起こした事件は、ゲームと現実とをリンクさせ色相が濁らないように殺人を犯させる実験でした。殺人を行っているのはドローン、だけど中身は人間という図がここにはあります(体は大人、中身は小学生みたいな言い方になっちゃった

言ってみれば人間と機械が入れ替わっている状態。これを実際の人間同士で実現出来たらヤバイじゃないかと、私は危惧したわけです。もっとも全国民に施術するのは労力を考えたら実質不可能なので、その線はないのでしょう。しかし「身体の一部」なら出来るかも知れない。

それが「眼球」という一部分であるということ。例えばシビュラシステムが予め網膜を登録しているとしたら、その眼球の本来の持ち主の色相をシビュラが鑑定することになります。

しかし移植されたものだったら、別の人物の網膜だと判断されてしまうことになるでしょう。だから「目だけ入れ替わって」さえいれば、色相が判別されることがないわけです。システムの特性を利用したカムフラージュと言えます。

「目だけ別人」そんな風にして、カムイは信者を獲得していたのかも知れません。ただしその信者たちでさえ、カムイにとってはひとつの駒に過ぎないと考えているのでしょうが。

さて、東金の自室に潜入した霜月監視官はそこで彼のストーキングの事実を知ることになります。常森監視官を常に監視していた東金は(「常」と「監視」がもうダジャレの域に突入しているのは気にしない)、彼女のあらゆるデータを収集していました。特に毎日の「色相チェック」は欠かさずに!

ピーコのファッションチェックかと思ったぜ。それはともかく。

どうやら東金は、色相の濁らない体質を持つ常森監視官を「真っ黒に染めたい」と考えている様子。では何故そんな風に思ってしまうのか。

恐らくそこに深い理由なんてないんだと思います。常森監視官に対する羨望もあるかも知れません。ただ東金はかつて史上最高の犯罪係数をたたき出した男であり、ただもう犯罪者の本能とでもいうべき習性に則って「ただそうしたいから」と言った理由で隙を伺っているのではないでしょうか。

何れにせよ、これで東金が正義の味方でないことが分かりました。裁くべきは誰か。そして「何によって裁く」べきなのか。そういったテーマが見えて来た気がします。


@ムハンホウちぇっそ@
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ : PSYCHO-PASS(サイコパス)

2014/11/14 21:09 | 自己紹介COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
FC2 Blog Ranking